YAZIUP CLUB会員募集中

美術品投資は有名作家と若手作家でリスク分散がオススメ

  • 2019/06/21
  • ビジネス
  • 15view
  • 松村 昴
タグ
  • アート
  • アート
  • リスク
  • 投資
  • 現代アート
  • 美術品

美術品投資もリスク分散のススメ

美術品投資もリスク分散のススメ
美術品で投資をする場合であっても、リスクはできるだけ分散させるべきです。どんなジャンルの投資であっても、やはりある程度のリスクがあるものです。それは美術品投資でも同じことであり、リスクを分散させることが成功させるためにはポイントとなっています。リスクを分散させる方法として、いくつかの美術品に投資するのがオススメです。その中でも有名作家と若手作家の作品に投資するのがいいでしょう。

有名作家と若手作家では、作品の価値の変動リスクが違います。そのため、有名作家と若手作家の作品に投資することにより、リスクを分散させることが可能です。そこで今回は、有名作家と若手作家の美術品の価値の変動とリスク分散について紹介していきます。

 

有名作家の美術品の価値変動リスク

すでに有名になっている作家の美術作品は、価値の変動リスクは少ないです。とくに、すでに死後何十年も経過している巨匠クラスの作品であれば、評価が落ちる可能性が低いのでとてもリスクは少なくなっています。

存命作家であっても、すでに有名になっていれば評価が落ちるケースは少ないです。そのため、比較的に作品の価値が落ちるリスクは少ないと言えます。

ただし、巨匠クラスの作品やすでに有名になっている作家の作品は、すでに価値が高騰しているケースが多いです。入手するのも難しいというデメリットもあります。また、価格変動リスクが少なく安定性がある反面、価格の上昇率はあまり期待できないので注意が必要です。

 

若手作家の美術品の価値変動リスク

まだ有名ではない若手作家や新人作家は、価値の変動リスクが大きいです。若手作家や新人作家なら、注目されるようになれば一気に価値が高まる可能性があります。そのため、まだ知名度があまりない作家の作品を収集しておけば、価値の上昇率が高く大きな利益を得るチャンスです。

その反面、有名になることなく埋もれていく作家は多くいます。そのような作家の作品は、売却しても二束三文となってしまうのが現実です。注目されなければ、作品を購入した金額より高く売却できることはないでしょう。

このように、若手作家や新人作家では、比較的に価値の変動リスクが大きいです。安定性がないため、損失が大きくなってしまうリスクもあります。そのことを理解した上で、若手作家や新人作家の作品には投資するべきでしょう。

 

有名作家と若手作家の作品に投資することでリスク分散に!

有名作家の作品と若手作家・新人作家の作品では、美術品投資としての意味合いが少し変わってきます。有名作家の場合、すでに評価されているため、比較的に安定した価値変動となってリスクが低いです。ただし、すでに価値が高くなっているため、それ以上の価値の高騰はあまり望めず上昇率は低いでしょう。

反対に若手作家・新人作家の作品では、評価がまったく安定していません。注目されるようになって知名度がアップすれば、すぐにでも作品の価値が高騰します。そのため、大きく収益を得るチャンスなのですが、まったく注目されない作家もいます。その場合、売却しても価値が低く損失になりかねないのです。

このように、有名作家と若手作家・新人作家の作品では投資としての性質が大きく異なるため、どちらも織り交ぜるのがオススメです。高い上昇率に期待はできないがリスクが少ない作品と、上昇率が高いがリスクがある作品を組み合わせることで、リスクを分散させることが可能です。上手に作品を組み合わせることで、リスクを抑えながら美術品投資をすることができます。大きな損失を出さないために、有名作家と若手作家・新人作家の作品を組み合わせてリスクを分散させて美術品投資を成功させましょう。

この記事につけられたタグ

  • アート
  • アート
  • リスク
  • 投資
  • 現代アート
  • 美術品

関連する記事

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルを愛するフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。 趣味はアウトドアでキャンプやサイクリングで気分転換。
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ