YAZIUP CLUB会員募集中

美術品投資で注目しておきたいアートフェア!その理由とは?

  • 2019/06/13
  • ビジネス
  • 31view
  • 松村 昴
タグ
  • アート
  • アート
  • メリット
  • 投資
  • 美術
  • 美術品

アートの見本市であるアートフェア!

アートの見本市であるアートフェア!
美術品投資をするなら、アートフェアを上手に利用するのがおすすめです。アートフェアとは、様々なアートギャラリーが大きな展示会場に集結し、各々のブースで美術作品を展示販売するというものです。イメージとしては、「アートの見本市」といった感じになっています。

そんなアートフェアですが、実は美術品投資をする方にピッタリの場となっています。美術品の購入はもちろんですが、他にも様々な点でメリットがあるのです。そこで今回は、美術品投資をする方がアートフェアを利用すべき理由について紹介していきます。

 

美術品投資をする方にアートフェアがおすすめの理由

<様々なアート作品に出会うことができる>
アートフェアが美術品投資をする方に向いている理由は、様々なアート作品と出会うことができることが挙げられます。アートフェアの規模や種類は色々ありますが、基本的には何百・何千という作品と出会うことができます。そのため、一般的なギャラリーに訪れるよりも、多くの作品を一度に見ることができるのです。

たくさんあるギャラリーを1つずつ見るのは時間がかかります。美術品投資のためにある程度の労力が必要なのは当然ですが、どうしても時間的に余裕がないという方もいるでしょう。それならば、アートフェアを利用して効率的にアート作品と出会い、投資したい作品を見つけるのがおすすめです。

<ギャラリー一押しの作品をチェックできる>
美術品投資にアートフェアがおすすめの理由は、ギャラリーにとって一押しの作品が出展されているケースが多いからです。大規模なアートフェアに出展する場合、厳しい審査や出展料が100万円を超えているなど高いハードルが設けられていることがあります。それだけ、アートフェアはギャラリーにとっても重要で、作家やギャラリーの名前を売るというメリットがあるのです。

そこでアートフェアには、ギャラリーの一押し作家の作品を出展することが多いのです。売り出したい作家の作品を出展することで、知名度アップや評価の上昇を狙っています。美術品投資としては、将来はとても重要なファクターです。ギャラリーが売り込みたい作家を知ることができれば、美術品投資にとって大切な情報を収集することができるのです。

<ギャラリストとの接点を持つことができる>
アートフェアはギャラリストと接点を持つことができる、数少ない場となっています。ギャラリストは、美術商やアートディーラーなどという呼び方もあります。いずれにしても、アート作品を扱っているギャラリストと接点を持つことができれば、情報をゲットするチャンスです。

簡単に仲良くなることは難しいですが、顔見知りになっておけば有益な情報をゲットできるかもしれません。アート作品を収集する人脈づくりにもつながり、様々なメリットがあります。

 

アートフェアで情報収集や観察眼を磨くのもあり!

アートフェアでは、情報収集やアート作品に対する観察眼を磨くというのもありです。どんな作品がどんな価格で取引されているのかなど、アートフェアでは色々な情報を収集することができます。その情報は、美術品投資に役立てることができるでしょう。

また、美術品投資をするなら、アート作品を見極めることが大切になります。しかし、そんなに簡単なことではありません。そこでアートフェアに訪れ、実際のアート作品を見学することで観察眼を磨くことができます。情報収集や観察眼を磨くために、アートフェアを利用するのもおすすめです。

 

美術品投資を検討している方はアートフェアに訪れてみては?

アートフェアは、美術品投資をしている方や始めようとしている方にピッタリです。アートに関する情報収集をすることができ、たくさんのアート作品に出会うことができます。しかも、ギャラリーが一押しの作家による作品と出会える可能性が高く、投資対象としても狙い目と言えるでしょう。

たくさんのアート作品を見学できるので、観察眼を磨くことにも利用できます。日本でもアートフェアは開催されているため、ぜひ訪れてみてください。

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルを愛するフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。 趣味はアウトドアでキャンプやサイクリングで気分転換。
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ