YAZIUP CLUB会員募集中

将来性があって投資向きのアート作品を見分けるポイント!

  • 2019/05/23
  • ビジネス
  • 30view
  • 松村 昴
タグ
  • アート
  • アート
  • マネー
  • 投資
  • 美術品
  • 芸術
  • 資産

美術品投資は将来性が重要な要素

美術品投資は将来性が重要な要素
美術品投資をするなら、将来性があるアート作品を手に入れるのがコツです。入手したアート作品が、将来的に価値が上昇することで利益を得ることができるため、将来性が重要な要素であるのは当然と言えるでしょう。そこで知っておきたいのが、将来性のあるアート作品の見分け方です。

有名・無名問わず、アート作品は星の数ほどあります。その中から、価値が高騰することが期待できる作品を見つけ出すのは簡単ではありません。それでも、そこをクリアしなければ美術品投資に成功することはできないでしょう。今回は、将来性のあるアート作品を見分けるポイントについて紹介していきます。

 

評価の定まっている作家の作品

将来性のある作品でポイントになるのが、評価が定まっているのかです。価値が歴史的に認められている作家の作品は、値下がりすることはまずあるいません。価格は安定しており、値上がりする可能性の方が高いです。そのため、すでに評価の定まっている作家のアート作品は、将来性があって美術品投資に向いています。

ただし、「評価が定まっている=高額」というケースがほとんどです。すでに評価されているため、市場で取引されれば高額になってしまうのは当然の流れと言えます。投資として魅力的ではありますが、資金力は必要となってくるので注意してください。

 

ギャラリーから見分けるのもポイント

将来性のあるアート作品を見分けるポイントは、ギャラリーにもあります。とくに、現代アートで将来値上がりするアートを見つけ出すには、ギャラリーの取り扱い作家がポイントです。作家は、世界的に影響力の大きいギャラリーに所属することで、評価されやすくなる傾向があります。そこで、世界的に影響力のあるギャラリーで取り扱う作家をリサーチすれば、将来性のある作品に巡り合う可能性を高めることができるのです。

そこで重要になってくるのが、「世界的に影響力のあるギャラリー」についてです。世界的に知名度があるギャラリーは、「Gagosian Gallery」「David Zwiner Gallery」「Pace Gallery」などが挙げられます。いずれのギャラリーも、世界的に有名なアートディーラーによって創設されたギャラリーです。

なかでもDavid Zwiner Galleryを創設したデイヴィッド・ツヴィルナー氏は、国際的な現代アート誌『Art Review』で「This year’s most influential people in the contemporary artworld(アート業界で影響力のある人物トップ100)」において上位にランクされている人物です。そのため、現代アートにおいてとても重要な人物であり、影響力は大きいとされています。有名ギャラリーに所属している作家をリサーチして、将来性のある作品を見つけるのも選択肢の1つです。

 

見分けられないなら若手作品の青田買いもあり!

将来性があるアート作品を見分けるのが難しいなら、若手作品を青田買いするのもありです。有名作家の作品は、プライマリーマーケット(第一次市場)で手に入れるのは難しいです。しかし、セカンダリーマーケット(第二次市場)では高額になっていて、手が出しにくいのも現実でしょう。

そこで、まだ知名度の低い作家の作品をプライマリーマーケットで青田買いをするという投資方法もあります。知名度が低いため、低資金で投資することが可能です。しかも、将来有名になれば何十倍・何百倍の価値になるかもしれません。

知名度の低い作家で将来性を見分けるなら、経歴や受賞歴などをリサーチするのがポイントです。他にも作品内容や製作量、思想などもチェックしておくべきです。これらの情報から、将来的に有名になる作家なのか判断しましょう。ただし、やはり安定性には欠けてしまうので注意が必要です。

 

将来性を見極めて美術品投資!

美術品投資は、アート作品の将来性を見分けることが重要です。将来性があれば、値上がりする可能性が高いです。そこでポイントなのが、「すでに評価されているのか」や「有名ギャラリーに所属しているか」などが挙げられます。高い評価をされていれば、価格は安定しており投資に向いています。有名ギャラリーに所属している作家の作品なら、評価が高くなる可能性が高いです。

また、見分けるのが難しいなら、若手作品を青田買いする方法もあります。経歴や受賞歴、作品内容などから、将来性を見極めてプライマリーマーケットで作品を入手するのがおすすめです。ただし、安定性は欠けてしまうため、注意は必要となります。将来性のある作品を見分けて、美術品投資を成功させましょう。

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルを愛するフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。 趣味はアウトドアでキャンプやサイクリングで気分転換。
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ