記事制作方針ガイドライン

彼女とのハメ撮りを成功させるためのノウハウ

  • 2017/01/09
  • セクシャル
  • 16511view
  • YAZIUP運営
タグ
  • sexテクニック
  • アダルト
  • アダルトグッズ
  • エロ
  • おすすめ
  • セックス
  • セフレ
  • 女性
  • 女性ウケ
  • 彼女

ハメ撮りしてセックスのチェックができたら

516984256

最近はセックスをするにもAVでかなり目が肥えてしまって、どこか追随しているところもあるでしょう。
そこで自分のセックスもハメ撮りすれば、客観的な目線で自分のセックスを評価してみることもできます。
それにハメ撮りすれば、自分もAVの俳優であるかのようにも思えます。
となれば、もう少し表情が冴えないとか声の出し方に気が乗ってないとか、監督のような目線でも見えてしまいます。

ところが残念な事に女性の方はそうでもありません。
それよりも、もしもネット上に流出されてしまったらと思うと気が気ではないのです。
別れ話でも持ち出そうなら、映像を人質にされて「ネットにばらまくぞ」などと言われかねないからです。
実際にそのような事件もいつまでたっても後を絶ちません。
水面下ではもっとたくさんの被害者もいるはずなのです。
それでも、そんな女性を説得するノウハウがあれば教えて欲しいでしょう。

 

ハメ撮りの前段をクリアしておく

473088877

まず、まともにハメ撮りの話を切り出してもOKする女性はいません。
それには長い道程があるのです。
そんな面倒くさい道程も楽しいと思えば、その先に大きな成果も期待できるのです。
一言で言えば、やはり小さなOKをコツコツ稼ぎだすと言うのが王道です。

例えば、普通にショット画像を撮らせてもらいます。
デート先の有名スポットで1枚と、普通の周囲の観光客と同じような事をするだけですからまず抵抗も持たれません。
さらに何でもないロケーションでも「ちょっとバックがいい感じだから」と1枚撮らせてもらったりとかです。
こうしてだんだん2ショット画像を撮られるのも当たり前のように感じてくれます。
2ショット画像もただ並んで撮るのではなく、ちょっと肩に手を回したりとかでも平気になってくれます。
そしてほっべにチューをしているところを撮らせてもらえたら、一段落成功です。

 

ハメ撮りにお伺いは立てない

326658473

2ショットのチュー画像が撮れたところで、「さあ、ハメ撮りしようよ」と言ってもよほどの好き者でなければまずOKは得られません。
そこで勝手に撮り始めるのです。
勘違いしてはいけないのが、決して隠し撮りはしない事です。
手に持ったりベッドの片隅にセットしておくのです。
隠し撮りであれば、発覚すると怖くなって接触を拒まれても仕方ありません。
要するに聞かれたらOKとは言えないけど、その前に撮られているのならわざわざ拒否するほどでもないと言う距離感に持っていけてる訳です。

「あれ、何してるの?」くらいは聞いてくるでしょう。
そこは自然に「いい思い出に撮っておきたい」とか「オナニーのおかずにしたい」とか、オタオタせずに言えれば「あー、そーなんだ」くらいに受け止めてもらえるのです。
自分の女性としての魅力の高さを評価していると言うスタイルを伝えましょう。
最後は押しの一手です。
とにかくカメラを覗きこんで「あー、いいね、いいねー」を繰り返してやると女優かモデルにでもなったかのような気がして嬉しくなってくれるのです。

この記事につけられたタグ

  • sexテクニック
  • アダルト
  • アダルトグッズ
  • エロ
  • おすすめ
  • セックス
  • セフレ
  • 女性
  • 女性ウケ
  • 彼女

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダゴールド

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ