超極薄のコンドームを使ってみたらすごかった

  • 2015/12/09
  • セクシャル
  • 315view
  • YAZIUP運営
タグ

コンドームで快楽が犠牲に

彼女との性交渉で欠かせないのが「コンドーム」です。避妊のためにも、性病を予防するためにも必ず装着したいものです。けれども、従来のコンドームではどうしても隔たり感があり、何も付けないで性交渉を行うほどの快楽が得られにくいという欠点がありました。

20140456

 

 

企業努力で0.01ミリの時代へ

各メーカーとも企業努力を重ね、ついにコンドームを0.03ミリまで薄くすることができました。もちろん、世界的なレベルで見ると十分薄いのですが、やはり何かを被っているという装着感は拭えませんでした。

そこで、素材を従来の「ラテックス」というゴムから「ポリウレタン」に変えて、0.02ミリのコンドームが販売されたのです。さらに2014年には0.01ミリまで薄くなりました。

263891549

 

 

男性のメリットが大きく、口でも使える

0.01ミリになったことでお互いの体温がより伝わり、性器の形もはっきり感じられることから、これまで以上の快楽が得られると大評判になりました。特に男性側にとってメリットは大きかったようです。

また、従来のコンドームはゴム製だったので、ゴム臭が避けられず、その厚さも含めてオーラルプレイには不向きでした。けれども0.01ミリならポリウレタンなので、ゴムアレルギーの人も大丈夫。表面の潤滑剤を落とせば、満足できるオーラルプレイを楽しめます。

193107467

 

 

20倍の価格で得られる快楽

現在はさらに素材を改良して柔軟性が加わるなど、まだまだ進化している超極薄コンドーム。今のところは大きい人向けのサイズの充実が求められています。ただし、これ以上薄いと破れるリスクが高くなるので、今の0.01ミリが限界のようです。

最も大きな課題は価格です。一時、入手困難になってプレミアが付いていた頃よりは落ち着きましたが、定価で購入すると1つあたり250円くらいします。これは最も安価な0.03ミリの約20倍です。

破れるリスクを防ぐために、個包装が分厚いのも悩みの種です。財布やポケットに忍び込ませるには大きすぎます。

ただし、薄さゆえの快楽を得られるなら、多少のコストや不便さは十分に耐えられるでしょう。まだ、使ったことがないなら、彼女と試してみては?

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ