暗示を使って女性をムラムラさせるコツ

  • 2016/04/14
  • セクシャル
  • 365view
  • YAZIUP運営
タグ

下ネタはリスクを伴う

91544033

狙った女性と仲良くなる過程で、ある程度の下ネタは有効とされています。お互いの間で、性へのハードルを徐々に下げていき、スムーズにセックスへと誘導する役割や、反応を見て自分に対して嫌悪感を抱いていないかどうかを確かめる手段でもあります。

しかし、距離感やタイミングを外すと、嫌悪感どころか、今後の関係が終了してしまうリスクもあるのが下ネタです。中学生男子ならばまだしも、いい年をした中高年男性が、好感度の高い下ネタを言うコツはあるのでしょうか。基本的には、レベルの低い下衆な下ネタはNGです。

 

 

日本人の下ネタはただのチキンレース

351386843

下ネタが下品になるのは、照れ隠しのためか、ギャグに走ってしまうからです。下ネタ=ギャグではありません。日本人男性はどうしても「ふざけた下ネタギャグを言える」ことが度胸があると勘違いしているところがありますが、それは単に男性同士の「俺って女性に対してこんなにイケイケなんだぜ」というチキンレースでしかありません。そのことに気付いていないのか、「女性に嫌われることを恐れずに下品なギャグを言う」ことが下ネタであるかの様に勘違いされているのです。

 

 

Hな連想をさせる単語を織り交ぜる

354123218

とはいえ、ある程度セックスに関するトークを織り交ぜなければ、スムーズに「身体の関係」へと誘導することが難しいという男性も多いかと思います。ここでは、デート中に下ネタと悟られずに相手の女性に「エロティックな想像」をさせる小技を紹介したいと思います。

それは、「連想キーワード」を会話の中にちりばめるという方法です。例えば、飲み物をこぼしたときに「ビショビショに濡れちゃった」、DVDやCDをデッキに挿入する際に「あ、入った」など、捉えようによってはHな単語をちりばめることです。女性は男性よりも想像力が豊かで、「そんなことまで連想するのか」というほどです。

「腐女子」と呼ばれるジャンルが流行っていることがよい例でしょう。サブリミナルの様に「Hを連想する単語」を連呼しておくことにより、じわじわと効いてくる可能性は非常に高いのです。また、直接的な単語でない分、失敗するリスクもありません。是非試してみてください。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
セクシャルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ