店員女性と仲良くなるための3つのルール

  • 2016/04/22
  • モテ
  • 241view
  • YAZIUP運営
タグ

女性店員と仲良くなりたいならスマートに

315490901

いつも行く喫茶店やレストランなどで、可愛い店員さんの接客を受け、「こんな子と仲良くなれたら」と、男性であれば誰もが思うことでしょう。店員さんにアプローチする際には、いきなりナンパをするというのはスマートではありません。

 

何回か通う

133274981

話しかけて、たとえ相手の反応が良くても、いきなり「このあと遊ぼうよ」「連絡先教えてよ」などといきなり露骨なナンパをしてはいけません。相手は「仕事中」という立場なので、同僚や店長からの視線、他の常連客からの視線などを常に意識した行動をしますが、いくら好意を抱いても「勤務中にナンパに応じる」なんていう愚かな行為はしません。ここからは逆に、路上のナンパよりも難しい点です。まずは、何回も通って常連客となることが一番の近道といえます。

 

先に他の男性店員と仲良くなる

327544424

可愛い女性店員だけにアプローチしたり、話しかけたりするのは、お店側からしても露骨な行為なので印象はよくありません。仲良くなりたい女性店員だけではなく、まずは店長や男性スタッフと仲良くなっておくべきでしょう。先に男性スタッフと仲良くなっておけば、女性スタッフに話しかけてもナンパ目的だという露骨な印象を与えません。

また、男性スタッフを味方につけておかないと、接触機会を減らそうと、「あそこじゃなくて、こっちのテーブルへ注文を取りに行って」などと、配置をコントロールされ、妨害されることもあります。逆に仲良くなっておけば、「何曜日と何曜日に勤務している」とか、「あの子彼氏いるの?」という質問にも答えてくれるかもしれません。

 

あまり長居しない

310695554

仲良くなるために頻繁に通うことは必要ですが、1回の来店であまりに長居しすぎるのは禁物です。喫茶店であれば長くて2時間が目安でしょう。長居すると「あの人暇なのかな」「また来ているよ、いつまで粘る気だろうか」と、店側からよく思われないことの方が多いものです。飲食店などであれば、先に店長と仲良くなっておき、長居した分の注文をしていれば別です。要するに平均客単価を大きく上回っていれば、店側からも「優良客」となるため、長居も歓迎されるかもしれません。ただし、とうぜんながらお金はかかります。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
モテの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ