キャバ嬢の落とし方(初級編)

  • 2016/02/21
  • モテ
  • 346view
  • YAZIUP運営
タグ

キャバ嬢とは恋愛ごっこを販売しているセールスレディーです

キャバクラには、ズバリ、女性にモテたいから行きます。安くはないお金を払って通うのですから、気分よく過ごしたいし、あわよくば、お目当てのキャバ嬢の気を引きたいもの。

あれこれと落とし方を考えてみるけれど、なかなか決め手もみつからない。そりゃあ、わかっていれば、こんなにお金を使って、通い詰めなくてもよかったわけで キャバ嬢とは、「恋愛ごっこ」という商品を販売している仕事人です。

恋愛感情に似た気分を起こさせ、モテている錯覚を起こさせて通い詰めさせ、高額な酒を買わせたりします。この段階では、お得意さんであり単にお金になるお客さんです。

お客様扱いから「男」として認められれば、一歩進んだ関係を築くことが出来ます。これがまた難しいのですが、焦らず、2・3回は指名し、多少のお金も使って他の客とは違う点をアピールしましょう。

176407751

 

 

追いかける状態を脱して追いかけさせる状態を作る!

お目当てのキャバ嬢から、なんとかして「男性」として認められたい一心から、ついつい通い詰め、高いお酒を買い、彼女を褒めあげたり、見え透いたお世辞を言ったりして、気を惹こうとします。実はこれは、キャバクラに通う誰もが行うことです。

毎日、毎日、そんなお客の相手をしているキャバ嬢にとっては、やっぱり、単なるお金持ちのお客として扱ってしまいます。会いたい気持ちを抑えて、ちょっと冷たくしてみるのも落とし方のテクニックです。

彼女から来る営業メールも無視します。やっと、3回に1回ぐらい、「仕事が忙しくて」などと当たり障りのない返事を出しておきます。
じらし作戦です。買い手が売り手より常に大事に扱われるのは当り前です。

こうして、追いかけていた状態から、追いかけさせる状態を作り上げればしめたものです。

345122165

 

 

攻撃には強力な武器も必要、プレゼントも強い武器です!

追う立場から追われる立場の状況を作ることが出来れば、マイペースで事を運ぶことが出来ます。こうなったら、手綱を締めたり緩めたりが自由自在です。

キャバ嬢の落とし方には会話もとても重要です。女性が男性を評価する時、意外に多いのが「たのしい人」という評価です。

明るい話題、たのしい話題、おもしろい話で時には笑わせたりする会話がモテる秘訣です。ときには、さりげないプレゼントも女性の気を惹きます。

高額の物ではなく、ハンカチ程度の日用品などでも、女性は喜んでくれるものです。花もいいですね。

真っ赤なバラ、100本でもいいし、1本でもいい。攻撃のための武器として、言葉やモノを有効に使いましょう。

204255808

 

 

モテたいのは山々ですが、焦りは禁物、お目当てのキャバ嬢ばかりが女性ではありません。キャバ嬢を相手に学んだ恋愛術はきっと役に立つ時がくるでしょう。

それぐらいのラクな気持ちが良い結果を生むのかも知れません。あまりお金を使わないうちに想いが叶うといいですね 。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
モテの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ