YAZIUP CLUB会員募集中

あなたがいつも「片思い中の女性」を落とせない理由

  • 2017/04/10
  • モテ
  • 114view
  • YAZIUP運営
タグ

女性に惚れてから行動していては遅すぎる

女性に惚れてから行動していては遅すぎる
非モテ男性の多くは、好きになってから相手へアプローチし、結果的にその恋が失敗に終わるケースが多いものです。これを聞くと「好きになってからアプローチするのは自然なことじゃないか、それの何がいけないのか」という反論をしたくるかもしれません。しかし、この「当たり前の常識」を疑ってみることで、自分自身がモテる男性へと変身できるかもしれません。というのも、一般的に「モテる男性」「女性を多く落としている男性」というのは、非モテ男性のように女性を好きになってからデートに誘ったりするのではなく、「何の興味もない段階」からアプローチします。もっと言えば、「初対面の挨拶」からはじまり、「今日も可愛いね!」など、日常のちょっとしたコミュニケーションを自然と重ねていきます。

これに対して非モテ男性は、恋心を募らせてガチガチに意識する様になってから、意を決して話しかけたりします。既に惚れてしまっているため、冷静な判断ができず、メールやLINEの返信一つにも一喜一憂してしまいます。中学生の恋愛であればまだしも、大人になってからの恋愛では、遅すぎる対応と言わざるを得ません。

 

女性は自分に媚びている男性を本能的に見抜く

女性は自分に媚びている男性を本能的に見抜く
ガチガチに惚れてしまってから告白などしようものなら、その勝敗は目に見えています。女性は「自分より格下の男性」と付き合いたいとは思いません。そして、「自分より格下かどうか」を瞬時に判断する能力も持っています。格下のレッテルを張られる要因は様々ですが、その代表例が「自分に媚びているかどうか」「自分に片思いをしているかどうか」という点でしょう。

これは「強いオスと結びつかなければ生き残れない」という強烈な女性としての生存本能がそうさせているため、いくら「性格の良い女性」「弱者にも優しい女性」であっても「本能が格下と認定した男性」を恋人として選ぶことはありません。女性は無意識のうちにこうした判断をするため、男性は「この子は性格が良いからOKしてくれるかも」という淡い期待を寄せるのでしょう。よく「優しくていい人だけど恋愛対象としてはちょっと…」という女性同士の会話を聞くことがありますが、恋人候補として挙がるためには、オスとしての自信や強さが欠かせません。

 

女性に慣れるためにおすすめのトレーニング

女性に慣れるためにおすすめのトレーニング
女性に対して卑屈にならずに余裕をもって接するために、おすすめのトレーニングがあります。それは、化粧品売り場や携帯ショップなどへ毎日通うことです。化粧品売り場の店員やアパレル店員などは、いわゆる美人が多く、「女性慣れ」するには最適の場所です。「彼女へのプレゼント」などと称して、商品を選んでもらうなどしていくうちに、「美人に対しての免疫」がついてきます。「駅前で道を尋ねる」というのも有効です。こうしたトレーニングを続けていくことで、いざ好みの女性と対峙しても「どうしようもなく惚れてうまくコミュニケーションがとれなくなる」ということは少なくなるはずです。

 

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ