YAZIUP CLUB会員募集中

告白を上手に断る方法とは?

  • 2017/02/26
  • モテ
  • 76view
  • YAZIUP運営
タグ

告白の断り方

135573032

告白をされるのは嬉しいものですが、だからといって誰にでもオーケーをするわけにはいきません。
すでにパートナーがいる人はそれを伝えればいいだけですが、そうでない人はどう断ればいいのか迷ってしまう事もあるのではないでしょうか。
やはりオヤジたるもの、断る時も波風を立てずにスマートに済ませたい所。
そこでここでは、女性をなるべく傷つけず告白を断る方法についてご紹介をしたいと思います。

 

「今後も良き友人でいたいから・・・。」

告白をしてくれた女性が友人だった場合には、今後も良き友人でいたいことを伝えましょう。
実際恋人になると友人とは全然違う関係性になりますし、破局をしても付き合う前のような関係に戻ることは難しくなります。
恋人は大切ですが、友人も大切です。
その友人を失いたくないというのは、自然な感情です。

 

「他に好きな人がいる。」

225716056

恐らく、告白を断る台詞で男女共に最も多いのはこの台詞ではないでしょうか。
たとえ今は恋人がいなくても、好きな人がいる。
それでも諦められないという人もいるでしょうが、多くの人はこの台詞で引き下がってくれることでしょう。
好きな人がいるという事実は他の人にはどうすることも出来ませんし、相手をあまり傷つけずに済みます。

 

断った後に構いすぎない

断った後にしばらく場を離れずにいたり、その日の内に相手を気遣うメールを送ったり、その場で慰めたり・・・。
そのように断った後に構いすぎると相手に期待を持たせるか、もしくはみじめな気持ちを与えてしまうことになります。
どちらにしてもお互いにとって良いこととは言えず、優しさが逆効果になる可能性があります。
断った後はその場を去り、そっとしておく。
それも、1つの優しさというものです。
断る時の台詞さえ気をつけておけば、その後のフォローは特に必要ありません。

 

「告白をしてくれてありがとう。でも・・・。」

告白をする。

それは、並大抵の勇気では行うことが出来ません。
それでも好きと言ってくれたのですから、男冥利に尽きるというものです。
その気持ちを伝えるため、断る時には告白してくれたことへのお礼を忘れないようにしましょう。
しかしお礼を言いつつも友人としていたいことや好きな人がいることを伝え、希望を持たせずにきっぱりと断ることが必要です。
きちんと断るからこそ、相手の女性も次の恋に踏み出すことが出来ます。

 

まとめ

243192127

告白をされるのはとても嬉しいこと。
そんな勇気の要る事をしてくれた相手を傷つけてしまっては、男がすたるというものです。
断る時には相手に感謝をしつつも、引きずらないようにきっぱりと断りましょう。
感謝と否定をすることで、その相手が友人や仲の良い同僚であってもその関係を壊さないようにすることが出来ます。
また当たり前ではありますが、告白をされたことを同じ友人グループや同じ会社の同僚などに無闇に話さないようにしましょう。
そんなことをしては相手を傷つけるだけではなく、軽薄な人間として周囲からの評価を大きく下げることにもなりかねません。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ