キャバクラやスナックは本当にお持ち帰りができる場所なのか?

  • 2016/05/20
  • モテ
  • 821view
  • YAZIUP運営
タグ

キャバ嬢やホステスをお持ち帰り!本当にできる?

176407751

私の様なモテない人間にとって、キャバ嬢やホステスをお持ち帰りというのは都市伝説の様に感じますが、実際知人にお持ち帰り経験のある人間がいるため、できる人はできるのでしょう。

ただ、一方で何百万円もキャバ嬢につぎ込んだ挙句相手にされなかったという人もいます。その人のメリットは街の黒服の愛想がやたらと良くなったことくらいで、女性恐怖症の如く女の子のいるお店に誘っても拒否反応を示す様になってしまいました。
キャバクラやスナックは明暗がくっきりと分かれる場所の様ですが、お持ち帰りは本当に誰にでも十分可能性のあることなのでしょうか?

 

ホステスとは、人間関係を金に換算する仕事である

261548024

ここでホステスという仕事の本質を見てみることにしましょう。ホステスは指名されればされる程、ドリンクを頼んでもらえればもらえる程、給料のアップする仕事です。そのために愛想よくしているのです。
ですから言い換えれば、愛想によってお金をもらっていることになります。愛想=金というわけです。まあそんなもの接客業や営業職ならばある程度同じなんですが、キャバクラやスナックに行く人はもしかしたらヤレるかもという期待感を持っているため、そういった男の欲を上手くやり過ごさないといけないのでテクニックが尋常じゃありません。
好意を寄せている様に見せるのも含めてテクニックのひとつなわけです。そうなると、ホステスの人間関係はどうしても金になるか、ならないかの二元論に終始しがちになります。

 

お金かステータスがあればお持ち帰りは可能

192681119

ですから、逆に言いかえるとこの人と付き合えばメリットがある、と思わせることができれば、簡単にお持ち帰りができる場合もあります。金といっても、その場で大金を注ぎ込むと借金でもして来てるんじゃないかと警戒されますので、逆効果です。
余裕を持って常にお金を使っていると思われれば、おいしい話を振ってくれるかもしれないとホステスの方も思って、心の底から親身になってくれます。大抵、キャバクラやスナックに通う男性は恋愛をしようとしますが、恋愛じゃなくてドライに金銭的余裕を見せつければいいのです。
それが出来ない人にはお持ち帰りは余程の奇跡が起こらない限り、不可能なことと諦めましょう。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
モテの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ