記事制作方針ガイドライン

クリイキよりも気持ちいい!膣タイプ別「中イキ」のコツ

  • 2017/01/14
  • モテ
  • 123665view
  • YAZIUP運営
タグ

あの子に教えてあげたい中イキの快感

501468682
クリトリスでイカせることはできても、中イキはそう簡単なものではありません。
ですが、中イキはクリイキとはまた違った快感を味わえますし、中イキを経験した女性の心も体も貴方の虜になることでしょう。
それでは、今回は中イキの基本と、膣のタイプ別にイカせる方法をご紹介したいと思います。

 

Gスポットの場所を把握しておこう

294762803
膣内で最も感じるポイントはGスポットです。
Gスポットは手前、下、奥にそれぞれ1ずつあります。
ポルチオ性感帯と呼ばれているところは、奥のGスポットにあたる部分です。

・手前のGスポット
2~5cmほど入ったところにあるザラザラした部分です。

・下のGスポット
指を伸ばしたまま入れて、奥のお尻側にあたる部分です。

・奥のGスポット(ポルチオ性感帯)
最も奥のお腹側にあります。

しかし、Gスポットを攻めれば中イキさせることができるのか?というと、答えはNOです。
ペニスでGスポットを刺激しただけでは、中イキさせるのは難しいと思っておきましょう。
女性は“その気”になっていないと挿入時の感度が大幅にダウンするので、前戯で性的興奮を高めてあげる必要があります。

 

中イキの基本「興奮を高めるべし」

506615965
女性の性的興奮がフルゲージに達した時に挿入し、Gスポットを攻めるのが効果的です。
まずは前戯を十分に行って女性のスイッチをONにしてあげましょう。
キスで女性に期待を持たせた後はゆっくりと服を脱がせて、焦らすように愛撫します。
流れ作業のように一気に服を脱がせてちょっと舐めた程度では、女性は全く興奮しません。
じっくり攻めた後は膣がしっかり潤っていることを確認してから挿入してください。

 

膣が大きい子には一工夫

大きな膣はペニスが大きくないと満足させることができないと思われがちですが、ちょっと工夫するだけで大きな快感をもたらせます。
アソコ同士が密着する正常位や対面座位で、膣の手前にあるGスポットを刺激しましょう。

 

膣が小さい子は前戯に時間をかけて

膣が小さい女性は男性経験が少なかったり、未開発の性感帯が多い可能性があります。
前戯ではじっくり優しく愛撫して、緊張をほぐすと同時に興奮を高めてあげましょう。
そして、女性の脚を大きく広げてゆっくり挿入します。
バックは膣の入り口が開きやすいのでおすすめです。

 

上付きの子は対面が効果的

肛門と膣の入り口が離れている上付きタイプは、対面立位や正常位が適しています。
向かい合った状態で挿入することで、クリトリスにも刺激を与えられます。
バックの際は肛門から膣が離れているぶん挿入が難しいので、お尻を上に突き出してもらうといいでしょう。

 

下付きの子は後ろから攻めよう

膣が肛門に近い下付きタイプは、後ろから攻めるバックや立ちバックがおすすめです。
バックの際には、うつ伏せに寝てもらうと気持ちの良いポイントにあたりやすくなります。
下付きタイプは正常位の挿入が少し難しいのですが、女性の腰の下にタオルなどを敷いて高さを出すとスムーズに挿入できます。

このように効果的な攻め方を頭に入れておけば、彼女との初セックスもワンナイトラブも満足させることができます。
愛する人に中イキを経験させてあげたい貴方も、以上のポイントを参考にしていただけたらと思います。

 

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ