男なら知っておきたい法律の話~慰謝料はいつまでとれる

  • 2016/03/01
  • モテ
  • 137view
  • YAZIUP運営
タグ

慰謝料どうしますか?

不運にも配偶者に浮気されてしまったとしたら、あなたは慰謝料を請求しますか?
代表的な対応としては、浮気相手と配偶者双方に慰謝料を請求する、浮気相手に慰謝料を請求する、配偶者に慰謝料を請求するの3つが考えられます。
なかには、相手がわからないので請求できないというケースもあります。では、慰謝料はいつまでなら請求できるでしょうか?

304657877

 

 

不法行為の損害賠償請求権の時効は3年

不貞行為は民法上の不法行為です。不法行為によって受けた損害の賠償は3年間請求権があります。

この3年間の意味を誤解している人が多いので要注意です。
「加害者と損害があったことを知ったときから3年」は請求できるのです。

つまり、不倫が5年前に終わっていたとしても、その事実を知ってから3年経過していないのであれば、請求権は残っています。しかも、相手が誰だかわかっていない場合は、3年のカウントは始まっていません。

損害の賠償を請求すべき相手と、その内容を知ってから3年間放置すると慰謝料をとることができなくなるのです。

363422975

 

 

除斥期間という考え方

そうすると、浮気相手と浮気の事実の両方を知ったのが何十年あとでも慰謝料を請求できるのか?との疑問が生じます。

しかし、さすがにいつまでも慰謝料請求ができるわけではありません。話が古すぎて証明の問題が厄介ですし、当事者の状況もどうなっているかわかりませんからね。

民法では、3年の短期消滅時効とは別に除斥期間というものを設けています。これは、被害者が事実を知る知らないにかかわらず、その事件から一定期間の経過で損害賠償の請求権をなくすものです。その期間とは20年です。

結論としては、不貞行為から20年間経過するまでであれば、不貞と相手を知ったときから3年経過するまで慰謝料を請求することができるのです。

もう何年も前のことだから時効だよね。という人もいますが、よく聞いてみると、知ったのが最近だった等の話は少なくありません。浮気をした配偶者が相手の情報を隠すケースは珍しくないですしね。

 

155966198

 

不貞行為なんて無関係なのが一番ですが、慰謝料請求は不貞行為に限った話ではありません。

自分の権利を守るためにも、法律の知識は付けておきたいですね。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
モテの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ