YAZIUP CLUB会員募集中

あなたは大丈夫?社内不倫がバレる瞬間6つ

  • 2018/01/24
  • モテ
  • 215view
  • YAZIUP運営
タグ

隠しているつもりでも周囲にバレバレなケースも…

あなたの職場は、不倫の温床になっていませんか。
専業主婦よりも外に働きに出ている主婦のほうが、浮気や不倫の割合が高いとも言われており、実際に社内で愛を育む不倫カップルは後を絶ちません。
本人たちは上手くやっているつもりでも、周りからするとバレバレで、不倫の噂が妻の耳に入って泥沼離婚に発展することも考えられます。
もし、あなたが社内不倫に勤しんでいるのだとしたら、これから紹介する『社内不倫がバレる瞬間』にはくれぐれもご注意ください。

 

1.特定の女性にだけやさしい

1.特定の女性にだけやさしい
「誰にでも厳しいと思いきや、Aさんにだけは甘い。」
「前より優しくなった。」
「ある日を境に、2人の距離感が変わった。」

愛する人との時間は、職場であっても愛おしく感じるものです。
人目をはばからず毎日楽しそうに会話をしていたら、社内不倫を疑われても仕方ありません。
周囲に不倫がバレないように、できるだけ接点を持たないようにしていても、ふとした表情や言葉が優しかったり、以前より怒らなくなったり…というちょっとした変化で周囲が勘付くこともあります。

 

2.特定の女性によそよそしい

「特定の女性社員と口をきかなくなった。」
「あの子の話題になると黙るようになった。」
「目を合わさないようにしているのか、挙動がおかしくなる。」

先程とは真逆ですが、社内不倫を疑われないように神経を尖らせていると、不自然なよそよそしさが生まれて、却って怪しまれてしまうこともあります。
不倫相手とすれ違う時に俯いたり、話題を避けたりしていると、「あの子と何かあったのかな?」と思われるきっかけになるので、不倫相手を意識しすぎず、他の女性社員と同様の接し方を心掛けたいものです。

 

3.男性社員に厳しい

3.男性社員に厳しい
「Aさんと男性社員が話していると、機嫌が悪くなる。」
「嫉妬しているのがミエミエ。」

好きな女性が自分以外の男性と楽しそうに話をしていると、腹が立つものです。
自分だって会話くらいしたいけど、社内不倫がバレたら大変なことになるし…と、ガマンをしているオヤジもいることでしょう。
ですが、その嫉妬が周囲の目に見える形で表れてしまっては、意味がありません。

 

4.退勤や有休のタイミングが一緒

「いつも同じ日に有給を取っている。」
「一緒に残業をすることが多いから。」

特定の女性社員と退勤や有休が被ることが多いと、社内不倫を疑われて当然です。
退勤時間をずらして、どちらか一方が会社の近くのカフェで時間を潰すこともできますが、これは社内不倫の定番とも言える待ち合わせの方法なので、毎回となると怪しまれる恐れがあります。

 

5.一緒に出張・出張に合わせて有休

5.一緒に出張・出張に合わせて有休
「他部署なのに、同じ日・同じ場所に出張に行っていた。」
「上司の出張とAさんの有休が毎回被っている。」

社内不倫を隠す気があるのか?と問いたくなるほど、堂々たる行動です。
同じ部署ならまだしも、他部署での出張は不自然ですし、相手の出張に合わせて休みを取るのも疑われる原因になります。

 

6.スマホを触るタイミング

「Aさんがスマホを置いた途端、上司のスマホが鳴る。」
「同時にスマホを触っていることが多い。」

社内不倫をしていなくても、職場でスマホを触ることはありますが、スマホを触るタイミングによっては、社内不倫を疑われてしまいます。
最近は、LINEなどのアプリを使って、短文やスタンプでのやり取りが主流なので、メールよりも気軽に連絡できるのもあり、ついついこまめにメッセージを送ってしまうオヤジもいるはず。
就業中は頻繁なやり取りは控えたほうが無難でしょう。

周りは意外と見ている

あなたと職場でさほど接点がない人でも、毎日のように顔を合わせていれば、些細な変化にも敏感になるものです。
「周りは意外と見ている」と思っていなければ、簡単に社内不倫がバレると言っていいでしょう。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ