女性にLINEやメールを送る時に一番気をつけないといけないこととは?

  • 2015/12/02
  • モテ
  • 381view
  • YAZIUP運営
タグ

LINEのやりとりは不可欠

女性とどのような出会い方をしても最近ではLINEやメールでのやり取りをせずに交際までもっていくということは現実的に難しくなってきています。
特に最近ではLINEでのやり取りがほぼ主流になっていますので、LINE抜きで恋愛は語れません。
もちろん女性に対して送るLINEの文面に正解、不正解がある訳ではありません。
ただ、このような文面を送ると女性の好意が下がってしまったり、うまくデートまでつなげれないという文面が中には存在しますのでご紹介いたします。

110390648

 

実際に話している時の自分と大きくギャップのあるLINEの文面

LINEでやりとりをする前には必ず女性と最低でも一度は話す機会があると思います。
それは、職場や学校でだったり、合コンやお見合いパーティなどでだったりと様々でしょう。
注意していただきたいのは、実際にその女性と対面で話している時に自分がどのようなキャラ、どのような印象をもたれているかです。

 

例えば、実際に話している時は女性に対しておとなしく、女性によわよわしい印象を持たれているとします。
そのような男性がLINEでも女性に対して下手にでるようなおとなしい文面を送るとします。
この場合、その女性にモテるモテないは別として「キャラの一貫性」はとれています。
つまり女性も男性に対して何の違和感も持たずLINEのやり取りができるわけです。

 

しかし逆に、実際に話している時は女性に対しておとなしいのにLINEではオラオラ系の文面を送っているとするとどうでしょうか。
女性には「普段はおとなしいくせに、面と向かって話さないLINEの時だけキャラが変わり男らしくない」という印象をもたれることになるわけです。
つまり、「キャラの一貫性」がなく女性からすると男性は非常に不自然に映るわけです。
もちろん不自然に映るわけですから、警戒もされやすくなりますし好意ももたれにくくなります。
ですのでLINEのやりとりをする際は「女性と実際に会話をしている時とLINEの文面が同じキャラになっているかどうか」をまず最初に考えてやりとりが不自然にならないようにすることが重要といえます。

217530496

実際のキャラとLINEのキャラを同じにすることとは

では、キャラの一貫性をLINEの文面で表現するにはどのようことがポイントになってくるのでしょうか。
このポイントはありとあらゆる箇所が当てはまりますのですべてを紹介はできませんが一例をあげさせていただきます。まずは「語尾」です。
たとえば、実際の会話では女性に対して「~ですよね」「しますか?」などの丁寧語でしゃべっているにもかかわらず、LINEの文面では「~だよな」「だろ?」のように砕けた感じの文面になってしまうとこの時点で「キャラの一貫性」がとれてないので警戒感をもたれてしまいます。
「LINEの文面を送る間隔」も重要です。
実際の女性との会話でかなりフランクに話す間柄の女性であれば、LINEの文面をある程度ポンポン送っても問題はないでしょう。
しかし、実際にはそんなに話さないのにLINEの時だけ頻繁に文を送ってしまうと、ここでも現実とLINE上での一貫性が取れていないので女性からすると違和感を覚えてしまいます。
「キャラの一貫性」を確認するポイントは他にもたくさんありますので、LINEの文面を送る時はこういったところにも注意してみてくださいね。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
モテの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ