若い女性をオトすには3つのセリフだけで十分

  • 2016/02/09
  • モテ
  • 224view
  • YAZIUP運営
タグ

共感を意識する

女性とは論理的な会話をするなとはよく言われていますが、実践して恋愛に活かしている男性は意外と少ないのではないでしょうか。

女性は「共感」を重視する生き物ですが、もともと論理的な思考を得意とする男性には、なかなかこの共感を表現することが上手になれない人も多い様です。

基本的には相槌が中心となります。

 

 

ホントに?・マジで?・サイコーじゃん!

131987510

女性との会話では、正直なところ、この3つのセリフだけで成立するといっても過言ではありません。

男性側からすると「そんな馬鹿にした様な態度をとったら、たちまち怒ってしまうのではないか」と考えるでしょう。

しかしそれは男性側の理屈です。ナンパした女性を、「ホントに?」「マジで?」「最高じゃん」という、この3つの台詞だけでホテルまで連れて行った男性もいる程です。

 

 

会話をしないという基本原則

125277401

どうしても会話というとキャッチボールをしなければいけないという脅迫観念に囚われがちですが、そうではありません。

女性は自分のしたい会話に頷いてくれさえばいいのです。女子会での会話をみると分かりますが、彼女達は、一見するとお互いのことを共感しあっている様に見えるものの、実際には自分の話をするタイミングを常に探すことに集中し、相手のセリフなど全く興味がなく、頭に入っていないことが分かります。

つまり、会話はしなくても良いのです。

 

 

理由は考えず「常に何となく」でOK

361826963

では、いざデートに誘ったり、あわよくばホテルへ誘ったりする場面で失敗しがちな男性の例としては、「もっともらしい理由をつける」傾向があります。

「あそこの夜景がとても綺麗だから見に行こう」「ホテルにはジャグジーもあるから行こうよ」など、確かに、「何でもいいので理由があれば女性は断りにくい」という恋愛テクニックがありますが、これを利用する男性ほど、男性が本来得意とする「論理的会話」へと偏ってしまう傾向にあるため、ここぞという場面で使い分けができないと成功しません。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
モテの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ