記事制作方針ガイドライン

狙った女性から恋愛対象として見られるためにモテる男が実践している4つの習慣

  • 2017/04/20
  • モテ
  • 244view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 恋愛/デート
  • コミュニケーション
  • モテ
  • 女性ウケ
  • 恋愛テクニック
  • 行動

1、いつでも女性に備える

いつ女性と接触しても良い状態の自分をキープしよう

職場でも街角でも、「あんな女の子と付き合えたらな」「可愛いな」と思える女性を見かけとき、あまりにダサ過ぎる格好や清潔感のない身だしなみをしていては、ルックスに自信がある男性でも、声をかけることに躊躇するものです。ましてや普段から女性に慣れていない男性であれば、尚更「いつ女性と接触しても良い状態の自分」をキープしておくべきでしょう。モテる男性というのは常に「どのタイミングで可愛い女性と知り合うか分からない」と考え、毎日髭を剃り、体臭や口臭にも気を使い、ファッションや身だしなみにも注意を払います。それだけではなく、どのタイミングで部屋に女性を呼んでもいいように、部屋もキレイにしているものです。こうした日々の備えが、女性への自信を支えるものです。

 

2、女性に関する情報収集を欠かさない

女性に関する情報収集はしておくべき

知り合った女性とスムーズに打ち解けるために、モテる男性は日頃から何かしらの努力をしているものです。もし、とても好みの女性と出会ったとき、親密度を上げるための「武器」が何もないのは絶対に避けたいものですが、女性が興味を持ちそうな話題や、場を和ませるためのトークスキルなど、事前に情報収集が可能なものは、対策しておいて損はありません。

 

3、出会った瞬間に「まずは友達」になる

出会った瞬間に「まずは友達」になろう

モテない男性の多くは、女性と知り合っても尻込みしてなかなか打ち解けることができません。その原因の人とつとして、「いつまでも敬語で話す」というのがありますが、モテる男性は、女性とは知り合った段階で「友人として」接します。もちろん、ビジネスシーンでは節度を保つ必要がありますが、プライベートで知り合った女性に対して「いつまでも敬語」というのは、堅苦しすぎます。また、狙った女性に対して敬語で話す関係が続けば、すぐにその女性はその男性を「情けない男性」として心の中でレッテルを貼ります。気が小さい男性や、女性に慣れていない男性は、まずは「馴れ馴れしいかも」と思えるくらい気を遣わずに話しかけてみることをお勧めします。

 

4、こちらはオスであると認識してもらう

「異性として見られている」と、意識させることがポイント

トークスキルやファッションで、いくら第一印象を良くしても、それは女性にとってあくまで警戒心が解かれた状態でしかありません。警戒心を解かれただけでは、まだ「男性」とは認識されていないため、自分を「恋愛対象」として見てもらうためには、こちらの恋愛感情を先に示しておく必要があります。極端な話、もし相手の女性を「可愛い」「付き合いたい」と思ったら、その好意を包み隠さずさらけ出すことが重要です。冗談交じりでも構わないので「君と付き合うにはどうしたらいい?」「今まで知り合った中でトップクラスに好みのタイプだよ」と、異性として興味があることを伝えることが重要なので、その場で結論を出すことを強いられる「告白」は絶対にしてはいけません。あくまで、こちらの好意を伝えることによって「異性として見られている」と、意識させることがポイントとなります。

この記事につけられたタグ

  • 恋愛/デート
  • コミュニケーション
  • モテ
  • 女性ウケ
  • 恋愛テクニック
  • 行動

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダゴールドブーストパック

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ