俺のこと好きなの?「彼女いそう」と言ってくる女の本音とは

  • 2015/12/15
  • モテ
  • 676view
  • YAZIUP運営
タグ

90554338

「○○さんって、彼女いそう~!」

初対面の女性が瞳をキラキラさせて言う。だから、好意があるのかと思ってアプローチ。すると…

「そんなつもりじゃなかった」!?女ってワケわかんねえ。肩すかしをくらわないために「彼女いそう」を言う女性の本音を探りましょう!

 

初対面で「彼女いそう」と言う女性の本音は4パターン

 

①本当にそう思った
②とりあえず褒めて間をつなぎたい
③けん制、皮肉
④彼女がいるかどうか探っている

 

注意すべき点は「好意がある」としてよいのが、①の一部と④だけというところ。4パターンあって、アプローチしていいパターンは半分以下。肩すかしをくらう男性が多いのも仕方ないと言えますね…。

各パターンを確認していきましょう。

①本当にそう思った

218681020
endermasali / Shutterstock.com
スマホの待ち受けや女性からプレゼントされたような小物類など、女性は、見ていないようでいて、ありとあらゆる細かいところまでよくチェックしているもの。

もしくは、感じのよさやカッコ良さなどの魅力のある点を見て、こういうタイプの人には彼女がいるだろうという推測を立てている。

本当に彼女がいると思って、そのまま言葉にしたパターンです。

 

②とりあえず褒めて間をつなぎたい

287385110

モテそうな雰囲気があるね、という褒め言葉で間をつないでいるパターン。

ポイントは、イエスかノーのはっきりした答えを求める「彼女いる?」ではなく、「いそうだね」と、あいまいな感じに濁しているところ。

つまり、「彼女いそう」は、間もつなげるし誰も傷つかない便利な言葉。他に盛り上がる話題があるなら、とりたてて言わなくてもいいセリフです。沈黙をおそれた女性に気を使わせてしまっているのかもしれませんよ。

 

 

③けん制、皮肉

99094832

一定の距離をとろうとしているパターン。「恋愛対象として私を見ないで」という意。

「彼女いそう」という言葉で、男性側に彼女がいるということにして、距離を置こうとしています。

翻訳するとこうなります。
「彼女がいるあなたは私にアプローチしちゃいけないよね。ていうか、しないでね!」

もしくは、「この人、イケてないな。きっと彼女いないんだろうなあ」と感じた男性が、調子に乗ってうっとうしい。そんなときに「彼女いそうだね」という皮肉で攻撃するパターンもあります。逆に、遊んでいそうな男性に皮肉を言っている、ということも。

けん制・皮肉は、一番、勘違いしてアプローチしてはいけないパターンです。距離を置きたいと思われている女性にアプローチすると、印象はさらに悪くなりますので。

 

④彼女がいるかどうか探っている

212776153

女性が「この人いいかも」と感じたとしても、直球で「あなたのことが気に入ったので、彼女がいるかどうかを教えてください」などとは言いませんよね。

女性は本音と建前を上手に使い分けて、意中の相手に彼女がいるか探ります。

31.5%の女性が、彼女がいるか知りたい時に使う建前【女性の本音と建前】|マイナビニュース

女性がさりげなく尋問状態に入るようなら、彼女がいるかどうか知りたがっていると思っていいでしょう。
女:○○さんって、彼女いそうですね。
男:彼女?いないよ。
女:ええ?そんな風に見えな~い!…いつから、いないんですか?

もし、実際に彼女がいる人に投げかけても、「彼女いそうだね」は褒め言葉として成立するので、女性も傷つかないで済むのです。

 

ちなみに興味のない男性への対応は…

女:○○さんって、彼女いそうですね。
男:彼女?いないよ。
女:ええ?そんな風に見えな~い!…………(次はあんたのターンだよ。早くなんか言ってよ)…………(あきらめて)なんで、いないんでしょうねえ。全然わかんないです!

 

 

言葉上ではまったく同じ「彼女いそうだね」も、女性の気持ち次第で真逆の意味になる…。肩すかしをくらわないように、女性の本音を見極めるように!

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
モテの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ