女ゴコロを手っ取り早く学ぶには少女漫画がベスト

  • 2016/09/18
  • モテ
  • 90view
  • YAZIUP運営
タグ

理想の男性像は漫画によって作られる

51649375
al_papito / Shutterstock.com

男性が理想の女性像を漫画のヒロインから形成されるように、女性も同じく、理想の男性像は少女時代に読んだ漫画から形成されているケースが多いものです。男性でも、「エヴァンゲリヲンの綾波レイ」や「銀河鉄道999のメーテル」などに理想の女性像を思い描くという例も多く見られます。

思い返してみるとよく分かりますが、漫画のヒロインというものは、「男性にとって都合のよい存在」であったりします。運動神経も悪くて勉強も出来ず、いつもジャイアン達にいじめられているのび太のことを気にかけてくれる「しずかちゃん」などが典型的な例です。

多くの男性は、現実の女性と関わることによって「漫画の世界の女性と現実の女性が異なる」ことを学んでいきますが、一方で「理想的な女性」のイメージとして記憶に残っていることも確かです。これは、女性も同じなのです。読んだことがある男性はご存じかと思いますが、少女漫画に登場する男性は「こんな男、絶対にいない」と言いたくなるようなキャラクターばかりです。しかし、ここに「女性の恋心を刺激する」ヒントがあるとも言えます。

 

男性のヒーロー像とのギャップ

250646635

一方、男性は男性で、少年漫画のヒーローが「理想の男像」としてインプットされているため、男女の間で激しいギャップが生じるのです。例えば、ドラゴンボールの孫悟空やワンピースのルフィなどは少年漫画におけるヒーローの象徴ですが、(漫画の世界でのみ通用する特殊能力などは別として)こうしたキャラクターが現実にいた場合、女性にモテるでしょうか。答えは明白です。では、女性に対してどんな振る舞いをする男性がモテるのか、そのヒントが少女漫画に隠されているのです。

 

少女漫画に登場する男性キャラは全てイケメンであるという矛盾

174031748
Radu Razvan / Shutterstock.com

「ときめきトゥナイト」や、「のだめカンタービレ」、「花より男子」といった、女性であれば誰もが読んだことのある漫画には必ずと言っていいほど、イケメン王子様キャラが登場します。そして、女性読者がいう「このキャラのここにキュンとする」というセリフや言動をそのまま現実の男性が真似ても、正直、「気持ち悪い」と言われるのがオチでしょう。

例えば、「花より男子」で「花沢類」と主人公をめぐり争う「道明寺司」という登場人物のセリフで「こいつをいじめていいのはこの俺だけなんだよ」「お前の1日今日俺にくれ」など、噴飯もののセリフをサラっと放ちます。「少女漫画を参考に女ごころを理解する」といっても、イケメンでも御曹司でもない現実の中年男性がこれらを真似することは非常にリスクがあります。

しかし重要なのは一つ一つのセリフではありません。女性から見ても少年漫画のヒロインは「ありえない」のと同じように、男性には理解しがたい「少女漫画における女性の理想イメージ」の輪郭を掴むことがポイントです。一通りの少女漫画を読み終わる頃には、何となく「女性はこういう願望がある」というイメージを掴むことができるのではないでしょうか。そのイメージを掴んでいるだけでも、接し方の幅が随分と広がるはずです。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
モテの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ