男は「モテるサイクル」に入らなければ一生モテない

  • 2016/07/13
  • モテ
  • 150view
  • YAZIUP運営
タグ

人気がある男性は価値があるに違いない

64820200

巷には「モテるための方法」や「モテるためのテクニック」などが溢れていますが、「モテる」とはどういう意味でしょうか。ルックスが良い、経済力がある、優しい、など、いろいろありますが、これらは結果論でしかありません。実は、女性が本能的に身体を許す相手というのは、モテる男性です。これは「株は美人投票」と例えられることと似ており、安易かと思うかもしれませんが、女性は「モテている男性や人気のある男性=価値のある男性」と認識する様です。

学生時代、クラスでも目立たなかった存在の男子のことを、とある女子が「カッコいい」と言い出したとたん、たちまちその男子は女子からの人気者になったりします。モテる、モテないの概念は、基本的にはこれと同じ原理と考えてよいでしょう。

 

ブスも美人も「モテている男」を選ぶ傾向にある

299965931

なかには、「あまり美人でない女性なら、俺でもいけるはず」と考える男性もいるかもしれませんが、この考えは間違いです。女性は「自分はブスだから不細工な男性と付き合おう」と考えている訳ではなく、自分の容姿に関係なくモテている男性を選ぶ傾向にあるのです。これは、女性は本来、生き残るために周りの女性に「共感」する本能をもっているからで、何かを選択する際に「みんなが良いっていってるから」といった理由で判断してしまう性質からも明らかです。つまり、男性は「美人を狙おうが、不美人を狙おうが、難易度は同じ」と考えるべきなのですが、同じ難易度であれば、妥協せずに美人を狙いたいものです。

 

モテている自分は情報操作で演出可能

82602307

では、どこかで自分のことを「この男性は女性から人気」と、女性に認識させればよい訳です。「モテているかどうか」は、単なる情報でしかないので、これを操作することは十分に可能です。まずは、「おしゃべりな女性」に好かれて、その好印象を周りに伝達してもらうのも効果的です。

例えば、よくある手法として「狙っていた女性から相手にされていないと感じたときなどは、他の女性の存在をチラつかせる」といったものがありますが、男は単純なので、実際にほかの女性がいないと、嘘の演出であることがバレているケースが非常に多いものです。

そこで有効なのが、「シュシュや傘など、女性もののアイテム」をたまに持つことです。可能なアピールさえしなければ、何となく「女性の影」をチラつかせることができます。

 

一人の女性を狙い打ちするのはNG

172899548

また、心の余裕をもつためにも、同時並行で複数女性と接触の機会をもつなど、日ごろから女性に対しての免疫力を高めておくことも重要です。女性を狙うには、「ほかの女性の存在」を隠した方がよいと思われがちですが、むしろチラつかせた方が効果的と言えます。実際、ターゲットを一人の女性に絞って狙う、いわゆる「猛禽類型の男性」は、女性からもうんざりされるだけでなく、格下と見られて相手にされていないことが多いものです。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
モテの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ