YAZIUP CLUB会員募集中

軍事行動?トランプ大統領のロケットマン発言とミサイルの定義

  • 2017/09/29
  • ビジネスライフスタイル・娯楽
  • 41view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 国際情勢
  • ミサイル
  • 対人問題
  • 海外
  • 生活習慣
  • 軍事

トランプ大統領の発言には誰も驚かない?

国連総会でのトランプ大統領の発言が、メディアで盛んに取り上げられています。北朝鮮の核兵器・弾道ミサイル開発に絡むもので、国連安全保障理事会の決議を完全無視するかのような北朝鮮に対して、いままでのアメリカ大統領にはなかった極めて強い言葉を使用しています。曰く「トランプマンは自滅への道を進んでいる」「北朝鮮を完全に破壊しなければならない」です。

トランプ大統領の発言には誰も驚かない

これに対し、北朝鮮側の反応は「アメリカの遠吠えだ」的なものですが、こちらはいつも通りといった感じです。ただ、アメリカ大統領のここまでの発言に対するものとしては、意外に落ち着いた反応のようでもあります。

もっとも、トランプ大統領の発言が従来の大統領よりも過激であることがベースとなっているため、北朝鮮も含めて誰も驚かない面はあるといえそうです。この大統領発言が、すぐに軍事行動を示唆するものかといえば、大方の見方はそうではありません。とはいえ、ここまで来れば一種の最後通牒のようなもので、北朝鮮の反応次第ではゴーサインを出すぞとのメッセージがあることは間違いないでしょう。少なくとも、そのような意図を感じさせる効果はあります。

 

公の場でニックネーム?で呼ぶことの是非

公の場でニックネーム?で呼ぶことの是非

さて、このスピーチの中で「ロケットマン」と呼ばれたのが金委員長ですが、およそ外交の場でこのような呼称を使うことはこれまでの常識では考えられなかったことです。一般的には、最大級の侮辱ともとれる言動であり、大国のトップがするべきではないともいえます。早くも非常識発言だとする声も上がっているようですが、世間的にはたいして騒ぎにはなっていません。

それはともかく、ミサイルという単語になれてしまっている日本人的には、ロケットマンに若干の違和感があるかもしれませんが、北朝鮮の放送でも発射している飛翔体をロケットと呼んでいるので、こちらの方が正しいのでしょう。

さて、もしロケットではなくミサイルだったらミサイルマンとなったのでしょうか。日本の芸人コンビに同名の人たちがいますが、同じ名にならなくてホッとしているのかもしれませんね。

それでは、ロケットとミサイルは何が違うのかを検討しておきます。現実の流れでは同じものを指して両方の呼び方をしているわけですが、厳密には異なります。

 

ロケットとミサイル

技術的な詳細はともかく、ロケットは飛ぶための推進装置であり、その推進装置を搭載した飛ぶ物体を指す言葉だと理解しておけばよいでしょう。これに対して、ミサイルは兵器としてロケットを使う際のひとつの種類だといえます。その種類の特徴は「誘導」です。爆薬などを載せたロケットが誘導兵器になったらミサイルと呼ばれるわけです。

誘導ではない兵器には、多連装ロケット砲などがあります。

ところが!実は、誘導ロケット砲なるものも存在しており、ロケットエンジンではなくジェットエンジンを使用するミサイルもあって、明確な線引きが曖昧な部分があります。

結論として、一般人のオヤジとしては、人工衛星などを載せているのがロケットで、ロケットの中でも爆弾を積んで目標に誘導されるのはミサイルの一種だと理解しておけば混乱することはないでしょう。

この記事につけられたタグ

  • 国際情勢
  • ミサイル
  • 対人問題
  • 海外
  • 生活習慣
  • 軍事

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ