はじめてのひとり海外出張(台湾編②)

  • 2016/03/09
  • ライフスタイル
  • 214view
  • YAZIUP運営
タグ

台湾の日常

304073327
Richie Chan / Shutterstock.com

 

前回は移動や通貨に関する基本的なところをお話しました。結構わかっているようで、いざその場に遭遇すると戸惑うものですので、知っておいて損はありません。

さて、ここでは実際の日常生活の中での基本的なところをお話しましょう

 

日本語は通じるの?

361651889
テレビなどを見ていると、結構お年寄りの中には日本語を話せる人も多いみたいだし、日本製品も街にあふれているというイメージなのだけど、実際日本語はどこまで通じるのだろう? そんな疑問をお持ちになると思います。
結論からいいますと日本語はほとんど通じない、と考えておいたほうがよいと思われます。もちろんホテルのフロントマンなどは話せる人もいますが、街中や観光客向けでないレストランでは通じません。

むしろ英語のほうがコミュニケ―ションは取りやすいかもしれません。英語といっても高卒程度の英語でじゅうぶんですから、何の心配もありません。

 

ホテルはどう?

206603098

観光でなくビジネスで訪れるのならば、至れり尽くせりの五つ星ホテルというわけにはいかない場合も多いと思います。

ただ、台湾においても料金はホテルの室に比例するのは例外でなく、格好いいオヤジを目指すこのページの読者の皆さんならば、四つ星程度のホテルは予約するようにしましょう。これくらいのレベルであるならば、日本国内のビジネスホテルチェーン程度の設備と清潔さは保たれています。ただ亜熱帯という気候のせいなのか、冬季に訪問すると、暖房の具合がよくないホテルがこのレベルでも多いように感じます。(冷房はガンガンにきくのですが……)。

また浴衣はもちろんバスローブなども置いていないところが多いですから部屋着や寝間着程度のものは用意しておいたほうが賢明です。シャンプーや歯磨きなどのアメニティーはこのクラスのホテルならば用意されています。

ちなみにホテル内は全面禁煙のところが大半です。みなさんホテルの外に設置された灰皿で喫っています。

 

煙草のマナーは

368483042
Windyboy / Shutterstock.com

 

台湾は飲食店やホテルで煙草を喫うことはまずできない、と考えてください。

そういった意味では日本よりも厳しいのですが、意外や意外、日本のような喫煙所こそないものの、結構道路のあちこちに灰皿が置いてあって、街中で喫うことに関しては非常に寛容です。

さすがに歩き煙草こそあまり見かけないですが、道路わきで皆さん、スパスパやっています。喫煙者にとっては気が楽かもしれません。
いかがでしたでしょうか。参考にしていただければ幸いです。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ