YAZIUP CLUB会員募集中

キャンピングカーは男の夢!今の事情は?

  • 2017/09/30
  • ライフスタイル・娯楽
  • 173view
  • YAZIUP運営
タグ

最近のキャンピングカー事情

最近のキャンピングカー事情

キャンピングカーといえば、一昔前は一部のマニアだけがライフスタイルごと変えて所持するイメージでした。高速道路などでキャンピングカーが走っていると注目を集めたものです。最近では空前のアウトドアブーム、キャンプブームで、街でキャンピングカーを目にする機会も増え、特別珍しいものではなくなりました。

では、最近ではどんな人がキャンピングカーを所有しているのでしょうか。目立つ傾向としては、昔と比べて「本格的なキャンパー」以外の購入者が多いということです。例えば、車中泊の趣味が高じて購入する独身男性や、犬を飼い始めたことをきっかけに「犬と一緒にアウトドアを楽しみたい」という動機で買うケースです。また、震災などの影響で、イザというときの避難場所と普段のアウトドア用途を兼ねて所持しておきたいという人もいます。

 

キャンピングカーの種類

キャンピングカーの種類

一言でキャンピングカーと言っても、実は様々な種類のものがあります。大きなタイプのキャンピングカーとしては、トラックをベースにした「キャブコン」がありますが、丁度、トラックの荷台部分を居住スペースとしてカスタマイズしたスタイルで、一般的にイメージするキャンピングカーはこれではないでしょうか。次に多いのが、マイクロバスをベースにした「バスコン」です。バスコンには、内装をキャンピングカー使用にカスタマイズした通常のバスコンと、運転席以外のボディーをカットして新たに居住空間用のボディーをくっ付けた「セミフルコン」タイプとがあります。当然、後者はカスタマイズ費用がかさむため、高額になります。その他、ミニバンをベースにした「バンコン」や、最近では軽自動車をベースにカスタマイズしたタイプのものもあり、入門者や車中泊用途に使いたいという人に人気です。

 

キャンピングカーの相場

キャンピングカーの相場

では、気になるキャンピングカーの価格相場はどれくらいでしょうか。キャンピングカーの値段は、ベース車両によって決まりますが、キャブコンやバスコンは1,000万円台、安くても500~600万円ほどです。先ほど説明したバスコンのフルコン、セミフルコンであれば、キャブコンよりも500万円ほど上乗せした価格相場となり、非常に高額です。

また、最近は、軽自動車タイプのキャンピングカーも密かな人気で、軽自動車ベースなら100万円台から購入することも可能です。

 

購入する際(した後)に気を付けるポイント

キャンピングカー購入の際に気を付けるポイント

キャンピングカーを購入するにあたって考えたいのは、予算以上に、その用途です。用途によって必要な設備が決まり、必要な設備を搭載するためのベース車両が決まるからです。大きく分かれるのは、「トイレやシャワー、キッチンなどの水回りは必要か」「誰と使うか」「何人での使用を想定するか」です。また、車両が大き過ぎると、駐車できるスペースが限られてくるため、その点も考慮して選ぶ必要があります。そこでおすすめなのが、キャンピングカーのレンタルです。実際に使ってみて気が付くことも沢山あり、購入の際の大きな参考になります。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ