YAZIUP CLUB会員募集中

夏のアウトドアやBBQで気を付けたい3つのコト

  • 2017/07/28
  • ライフスタイル・娯楽
  • 44view
  • YAZIUP運営
タグ

楽しいだけでは済まないアウトドア

楽しいだけでは済まないアウトドア

暑い夏といえばアウトドアの季節です。夏休みともなれば、最近の子供たちは毎日暑くてエアコンの効いた室内にこもりがちですが、親として、せっかくの夏休みには「アウトドアの体験」をさせてやりたいものです。バーベキューやキャンプ、海水浴など、様々なアウトドアを楽しめるのが夏の醍醐味でもあります。ここでは、家族でバーベキューやキャンプ、海水浴などを楽しむにあたって、気を付けたいいくつかのポイントをピックアップしてみました。

 

まずは熱中症には十分すぎるほど気をつける

熱中症には十分すぎるほど気をつける

暑い夏場にアウトドアを行う際は、「熱中症対策」が欠かせません。せっかくの楽しい家族イベントで、もし誰かが熱中症にかかってしまっては台無しになってしまいます。そもそも熱中症は非常に恐ろしい症状で、「めまいや立ちくらみ」「筋肉のけいれんや吐き気」など、体験したことがない人には伝わりにくい辛さがあります。また、若い人ほど熱中症の症状を自覚しにくく、気が付いたときには手遅れとなって搬送先の病院で死亡するという事例が毎年の様に発生しています。まずは熱中症にならないためにも、こまめな水分補給と同時に、汗を大量にかくような場合には「塩分の補給」が大切です。

また、キャンプやBBQでは、冷えたビールなどを飲む楽しみがありますが、アルコールには「利尿作用」があるので、アルコールを摂った後にも「水分不足」になりがちです。飲んだ後は、ポカリスエットなどでしっかりと水分補給を忘れずに行うようにしましょう。

 

アウトドアでの虫対策は万全に

アウトドアでの虫対策は万全に

アウトドアでは多くの自然に触れるため、森林に生息する様々な「虫」に遭遇します。特に山や草むらに行く場合、虫にさされやすくなり、虫さされで痒みが酷くなり、腫れあがってしまった場合、レジャーどころではなくなります。虫よけスプレーなどで、しっかりと虫よけ対策をして虫さされからくる様々な肌トラブルを未然に防ぐことができます。特に山登りをする際は、アブには細心の注意を払う必要があります。アブに刺されて死ぬことはありませんが、アブはしつこく噛んで人間を襲う習性があり、噛まれると1週間は「耐え難い痒みと痛み」に襲われます。アブにはハッカ油タイプの虫よけスプレーが効果があると言われていますが、小さなお子さんがいる場合、なるべく標高2,000m以下の山地を選ぶなど、行先も考慮に入れたほうがよさそうです。

 

野外レジャーでの紫外線対策

野外レジャーでの紫外線対策

アウトドアで避けられないのが直射日光です。外で遊んでいると、ついつい紫外線対策を忘れてしまいがちですが、紫外線対策をせずにいると、日焼けによる深刻な肌へのダメージを受けることになります。たかが日焼けと侮る人もいますが、日焼けは年を取ってから、シミやシワなどを引き起こす原因にもなってしまうので、紫外線対策として、日焼け止めはもちろんですが、帽子やサングラスなどのアイテムを上手に活用するようにしましょう。

アウトドアを楽しむことで、普段なかなか触れることができない自然に触れることができたり、さまざまな発見があります。
家族や仲間同士の絆を深めるためにも、アウトドアは非常に良い場です。
アウトドアをより楽しむためにも、気をつけたいポイントをしっかりとおさえてより楽しいアウトドアにしてくださいね。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ