京都一筆書き観光のススメ part1

  • 2016/01/06
  • ライフスタイル
  • 167view
  • YAZIUP運営
タグ

 

目移りする観光スポットの豊富さ

 

345325121

日本を代表する観光地である京都は国内旅行先としても外国人観光客の旅行先としても依然として高い人気を保っています。

修学旅行で京都を訪れた経験のある方も多いのではないでしょうか?

皆さんは京都の観光スポットと言えば何をイメージされるでしょうか?

京都タワー?有名神社?有名寺院?二条城?京都御所?大文字山?祇園?嵐山?

具体的なスポット名を挙げ出すと何百とあるため、一日や二日では語り尽くせなくなること必至です。

 

 

 

あれもこれも行きたいけれど・・・

182967809
cowardlion / Shutterstock.com
もし、それら全てを回り尽くすとなれば、仮にそのためだけに京都に移住したとしても至難の業であるのは間違いありません。

そこで、京都を旅行する際には、何らかの基準で線引きして訪れるスポットを取捨選択するといった現実的な対応を迫られる訳ですが、限られた時間内に出来るだけ多くのスポットを訪れてみたいという点に関しては、どなたも同じ思いでしょう。

そして、そのためには、行き当たりばったりでない計画的な行動が求められるのは言うまでもありません。

 

 

 

意外に知られていない金閣寺と銀閣寺の距離

155907548

さて、真っ先に名前が上がるような観光スポットであっても、その詳細に関しては案外知られていない事もあるようです。

例えば、金閣寺(鹿苑寺)と銀閣寺(慈照寺)が隣接して建てられていると思い込んでいる観光客が意外に多く、実際には金閣寺と銀閣寺の間は約7kmほどあるため徒歩で移動すれば1時間半から1時間45分はかかると知って驚かれるケースも少なくありません。

当然、タクシーを拾って「金閣寺と銀閣寺の所に行って下さい」と言っても、困惑した運転手から「金閣寺と銀閣寺は相当距離が離れていますが、どちらに行かれますか?」と聞き直されてしまうのがオチです。

ちなみに、昭和初期の増築によって「銅閣寺」と呼ばれるようになった寺院(大雲院)も全く別の場所にありますが、やはり、あまり知られてはいません。

 

 

五重塔は1つではない?

 

185518085

同様に、京都市内には東寺だけでなく法観寺と醍醐寺と仁和寺にもそれぞれ五重塔が存在するという事実も案外知られてはいないようです。

ですので、京都市内で拾ったタクシーで行き先を告げる際に、ただ「五重塔まで行って下さい」とだけ言っても、「どちらのお寺の五重塔でしょうか?」と聞き直されてしまうでしょう。

もっとも、新幹線の車窓からも見える東寺の五重塔が他の3つの寺院の五重塔と比べて突出して有名であるのは仕方の無いところではあります。

 

 

偽物の舞妓さん?

 

311070035

京都と言えば、舞妓さんを思い浮かべる人が多いでしょう。

しかし、京都の町中で見かける舞妓さんらしき人物には観光客による「コスプレ」も多数含まれているのです。

京都には、観光客向けに、そういった「舞妓さん体験」用の着物のレンタル・着付け・化粧まで世話する業者もあります。

そういった「偽物の舞妓さん」の中のごく一部の不心得者が喫煙が禁じられた場所でタバコを吸いながら練り歩いたりゴミをポイ捨てしたりするといった由々しき事態も発生しております。

ちなみに、「本物の舞妓さん」達は基本的に日が高い内は「あの格好」をしておりません。

 

 

万人に共通する正解は無い

 

182663015

もちろん、「名前を聞いた事があるから」、あるいは「知人が行ったと聞いたから」という理由で何となく行き先を決めるのは悪い事ではありません。

ただ、「自分が本当に行きたい場所はどこなのか?」という自発的意思も「そこがどういう所なのか?」という予備知識も無しに行き先を決めるのは後々のガッカリや旅行計画の破綻を生む危険性もある訳です。

とは言え、下調べだけで全てが分かるとも限らず、「百聞は一見に如かず!実際に行ってみなきゃ分からない!」というのも、また真理であります。

 

 

 

一筆書きという方法

 

180883634

それでも、特段の理由でも無い限り、移動時間の割に訪れるスポットが少なくなるようなルート設定というのは、いかにももったいないのではないか?と思われます。

そこで1つの答えとなり得るのは、切れ目無くスポットとスポットの間の距離が詰まって連続しているいるルートをなぞるように辿りながら、地図上に自らの足跡で「一筆書き」を残す要領で巡る方法です。

この「一筆書き」観光ならば、可能な限りロスを省いた最短の移動距離と移動時間でより多くのスポットを巡ることが可能となります。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ