YAZIUP CLUB会員募集中

地方の人なら知ってる?正月の風物詩・とんど焼きって懐かしい?

  • 2017/01/09
  • ライフスタイル
  • 38view
  • YAZIUP運営
タグ

とんど焼きとは

432957526
お正月の行事の一つで、一般に旧暦で小正月と言われる1月15日頃の昼から夕暮れにかけて行われています。
竹でやぐらを組みあげて藁などを絡ませながらそこにしめ縄、門松、御札などの正月用品を積み上げて焼いてしまうのです。
神様が正月の間に宿った品々と伴に煙になって空に戻って行くのを厳かに見送る儀式にもなっています。
このような神事的意味合いもあり、正月にお世話になった神様への感謝の意の表れなのです。
これによって初詣の願い事も確かに神様に届くことを祈っているのです。
また、大きく揺れ動く火の灯りを全身に浴びると、活気が湧き出て若々しく健康でいられると言われています。
さらに残り火で焼いた餅や団子などを食べたりしても、健康でいられるとも言われてきました。
確かに周囲が次第に薄暗くなっていく中で、大きな炎の柱がそそり立つのは信心新たになるような厳かな雰囲気に包まれます。
竹が熱で割れる音や熱せられた空気が頬に吹き付けたりと、現場ならではの臨場感もあります。
燃えた後の状態や燃えかすの飛び散る状態を占いにしている地域もあるようです。

 

地方によって違うネーミングと風習

432957571
「とんど焼き」と言うのは聞いたことが無いけど「どんど焼き」なら知っていると言う人もいるでしょう。
あるいはいや違う「どんと焼き」の事ではないですか?とか言う人も全国にはいるのです。
この他にも各地で別の呼び方をされていたりもします。
その全ては同じものなのです。
元々、火がどんどん燃える様子から名付けられたと言うのは想像に難くありません。
その他に火を燃やす際の掛け声がなまったとも言われてます。
主に関西以西では「とんど焼き」、関東以北では「どんど焼き」が主流のようです。
他にも「どんだら焼き」「おんべ焼き」「ほうじょり焼き」「さいと焼き」「さぎっちょ」などの全くの別名称の地域もあります。
それぞれの全ての名前の由来までは知る由もありません。
その数は地域の数だけあるかと思われるくらいに多く、各地で独自に考案されてきたものであるのは間違いないでしょう。
それだけどの地域でも大切にされてきたものでしょう。
正月、神様、炎とそのいずれも尊いものと長い間、崇められてきた歴史の賜物でもあるのです。

 

現在のとんど焼き

185491994
最近は環境問題や火災の懸念からも次第に実施する地域も減っています。
江戸時代から既に東京では、火災の恐れが高いとして禁止されています。
現在では、もう大々的に行われる地域は少なくなっています。
ニュースとして取り上げられるようにもなりつつあります。
そこで注目を浴びるためにも、各地で由緒ある神事を見直そうと復活の動きも見受けられるようになっています。
神社などで初詣の際に小規模に穴を掘ってそこに木材を投入して焚火をしているのは、とんど焼きの流れでもあるのでしょう。
それも年々、環境問題などから行われなくなりつつあります。
もしも近場で執り行われているようであれば、貴重な神事として参加してみる価値はあります。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ