YAZIUP CLUB会員募集中

高尾山の秘祭!迎光祭りとは何か?!

  • 2017/01/09
  • ライフスタイル
  • 62view
  • YAZIUP運営
タグ

1年で1番最初のお祭り

530280361

毎年、元旦に現れる初日の出を拝む事は一年の区切りとして、どんな人でも日本人のほとんどがそれに意義を感じています。
実際には、寒い時期の早朝になりますので、なかなか実施できている人も限られてはいるでしょう。
それでも自宅の窓から遅くなっても初めてお目にかかる日射しには、どこかいつになく身を包んでくれる暖かさも感じているものです。

その初日の出を拝みに全国各地の山に登っている人もたくさんいます。
ですが、高尾山ではそれに合わせて「迎光祭」と称して僧侶に読経などをしてもらい1年間の平穏を祈願しているのです。
参加者は数万人とも言われ、都内でも年明け最初の人気のイベントになっています。

 

迎光祭のご案内

534335980

・日時:毎年1月1日初日の出(概ね6:30頃)
・場所:高尾山山頂に特設された祈願所
・アクセス
前日の大晦日は、この迎光際に合わせた対応がなされています。
中央線は東京から高尾まで各駅停車で0時から5時頃まで1時間に2~3本ずつ運行されています。
京王線も東京から高尾山口までほぼ同様の対応をしています。
登山用のケーブルカーも終日運行されています。
また、リフトも元旦は5:00より運行されています。
ただ、非常に混雑しますので、参道を40分くらい歩いて登るのもおすすめです。
車で出かけるには、渋滞を覚悟しなければいけません。
高速で中央自動車道八王子ジャンクションを経由して圏央道高尾山インターチェンジを降ります。
駐車場はありますが、台数が約80台と非常に限られています。
前日の早めに行って一晩明かすくらいのつもりで出かけましょう。

・注意事項
参加される方は、登山の服装はもちろん、寒い時間帯ですので暖の取れる対策をしておくべきです。
また、暗いうちから始まりますので、足元には十分注意をしましょう。
懐中電灯を持参する事をおすすめします。
現地は混雑しますし良い場所を取るためにも、早めに出発をしておきましょう。

 

迎光祭の流れ

390218755

大晦日の高尾山の夜の参道の沿道には、延々と春日灯籠が立ち並んで参拝者の足元を照らしてくれてます。
年も明けないうちから山頂に登って、ご来光の有り難さを享受しようと言う人で溢れます。
高尾薬王院大本堂では、年の明けた元旦の0時から護摩火が焚かれます。
その厳かな雰囲気の中で3時まで「新春特別開帳大護摩供」が伝統的に行われています。
一晩の間で数回に渡り僧侶が護摩壇で読経をして、1年間の人々の暮らしの安寧を祈祷してくれるのです。
標高約600mの高尾山山頂からは、普段から人気スポットで晴れた日には富士山まで眺望もできます。
壮大な関東平野から昇り上がる初日の出と伴に、霊験新たな富士山も併せて参拝できるのが魅力でしょう。
山頂には売店も所狭しと並んでいて、名物の温かいとろろそばで楽しむのもおすすめです。
また、開運天狗うちわも高尾山ならではの名物です。
厄除けグッズとして自宅に一品置いておきたいものです。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ