北海道を旅行するなら5月がおすすめな理由

  • 2016/12/02
  • ライフスタイル
  • 11view
  • YAZIUP運営
タグ

5月にしか見られないものがある

北海道はどの季節に行っても、たくさんのイベントや見どころがあります。夏ならよさこいソーランがあり、ラベンダーが見ごろです。カラッとしていて涼しい気候も魅力でしょう。秋は旬の野菜や鮭などの魚介類に舌鼓。冬はホワイトイルミネーションに雪まつり、ウインタースポーツを楽しめます。けれども北海道の真の魅力を堪能するなら、実は5月こそおすすめなのです。

例えばドライブをするにしても、郊外は夏から秋にかけて広葉樹が大きな葉を茂らせ、ササやフキの群生が地面を覆います。冬は雪が大量に降るので、一面真っ白です。確かに手つかずの自然も魅力的ですが、北海道は移動時間が長いので、そればかりでは変化に乏しく、飽きてしまいます。

その点、5月であれば雪は解けており、草木もちょうど若葉が芽吹く頃です。そのため、他の季節では隠されていた森の奥まで見通せます。北海道へ来たことがあっても、新しい発見があるでしょう。シカやキタキツネなど野生動物に遭遇しやすいのも、5月ならではです。ちょうど5月は動物の毛が生え変わる時期なので、旭川の「旭山動物園」などで、その様子が見られるでしょう。

471160547

 

5月の北海道は桜が見ごろ

北海道は5月に桜の季節を迎えます。函館からオホーツク海側まで、約1ヶ月にわたって北上し、北海道のどこかで必ず桜が見られるのです。種類もソメイヨシノだけでなく、エゾザクラやヤマザクラもあります。

桜の名所はどこもスケールが大きいので見ごたえがあります。例えば「松前さくらまつり」(4月下旬~5月中旬)は、「松前城」を囲むように桜が咲き誇ります。新ひだか町にある「二十間道路」では全長7kmの直線道路が約3,000本の桜並木になります(5月上旬~中旬)。札幌なら動物園や北海道神宮がある「円山公園」が名所です。同じく札幌の「平岡公園」では梅が見ごろを迎えるので、こちらも押さえておきたいところです。

桜とは別の植物ですが、大空町の「ひがしもこと芝桜公園」では、5月中旬から6月上旬にかけて、「シバザクラ」が見ごろを迎えます。ピンク色のシバザクラで埋め尽くされた山の斜面は、生で見ると圧倒されるでしょう。オホーツク海側にはもう一つ、滝上町にシバザクラの公園があり、さらに湧別町の「チューリップ公園」を加えた3か所を巡るのが5月の定番になっています。

430622608

 

5月は気候に要注意?

あんなに雪が多かった北海道も、5月にはすっかり暖かくなり、時には最高気温が30℃を超える「真夏日」になることもあります。ただし、日が落ちると一気に寒くなり、一桁まで気温が下がります。つまり、寒暖の差が20℃以上にもなるのです。

どんな気候にも対応できるよう、アウターはTシャツからライトダウンまで薄手のものを何枚か重ね着するのが良いでしょう。脱いだ衣服を仕舞う大き目のトートバッグがあると便利です。

386797744

その気候を活かして、昼間は夏に食べたいソフトクリームや、ジンギスカンなどの焼肉。夜は冬に食べたいラーメンやスープカレーを美味しくいただけるでしょう。それも5月ならではの魅力と言えます。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ