エコノミ―クラスでの飛行機移動でも快適に過ごせるちょっとしたポイント

  • 2016/11/03
  • ライフスタイル
  • 15view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 旅行/お出かけ
  • ビジネス
  • ビジネスマン
  • 仕事
  • 会社
  • 出張
  • 国内旅行
  • 旅行
  • 暮らし
  • 海外旅行

海外出張

372107485

国内での出張であるのなら、たとえエコノミークラスでの移動でもせいぜい2時間程度ですので、移動に対してさほど苦痛に感じることは少ないのではないか、と思います。 しかしながら、こと海外、それもヨーロッパや米国などの出張となると6~7時間、座りっぱなし、というのもザラですから、現地到着後、いかに体調をベストに保っておくか、という点から考えても、飛行機の中で以下に快適に過ごすことができるかは、大きなポイントです。
もちろんファーストクラスやビジネスクラスに座ることができるのならば座席もゆったりしていて、あまり疲れを感じることなく移動が可能ですが、経費削減の風潮の昨今、まだまだエコノミークラスを使って移動を余儀なくされていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

 

 

エコノミ―クラス

461116282

筆者なども海外出張の際は毎回エコノミークラスを使っているのですが、やはり座席と座席の間が狭く、脚も伸ばせないですから、長時間の移動は相当にきついものです。しかしながら、やはり何回も使っているとエコノミークラスであっても快適に過ごすことのできる知恵が備わってくるものですので、ここではそんな工夫のいくつかをご紹介したいと思います。

 

 

座席の位置

234473191

座席の広さはどうにもすることができませんが、座る座席の位置によって快不快はかなり異なります。例えばトイレに立つときも通路側の席に座っていれば隣の人に気づかうことなく自由に席を立つことができますし、脚が疲れたときなども、前席の下だけでなく通路側に脚を伸ばして疲れを取る事ができます。ただ窓からの景色を楽しむことはまったくできませんので、そちらを楽しみたい方は窓側の席をお取りになる事をおススメします。
また通路側の席は常に内側の席の方が移動するたびに席を立ってスペースを開ける必要がありますので、映画やゲームなどを楽しむ、じっくり睡眠を取るのには向いていません。

 

 

トイレタイム

95008918
Jordan Tan / Shutterstock.com

長時間の移動にとってトイレは非常に重要です。数が少ないうえにとても混んでいます。ただ混んでいる時間というのはだいたい決まっていて、食事の後、着陸態勢に入るシートベルト着用前というのがその代表例です。
これらの時間を外すのはもちろんですが、トイレの近くに席を取るというのもひとつの考え方です。座席の窮屈さはどうすることもできませんが、トイレや映画鑑賞など、自分がしたいことを自由にできない環境が長時間続くというのは非常にストレスになるものです。ご自分の中の優先順位が何なのか、をお考えになって席を予約されることをおススメします。

この記事につけられたタグ

  • 旅行/お出かけ
  • ビジネス
  • ビジネスマン
  • 仕事
  • 会社
  • 出張
  • 国内旅行
  • 旅行
  • 暮らし
  • 海外旅行

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ