山の日に山へ登らない楽しみ方3選

  • 2016/08/06
  • ライフスタイル
  • 83view
  • のりき 夢丸
タグ

山の日がやってきた

259891556

今年からいよいよ施行される国民の祝日、それが8月11日の「山の日」だ。
山岳を観光資源としている地域では、なにやら全国大会なるものまで開催予定なんだとか。関連グッズの売り上げもまずまずらしい。
しかしまだ一般には知名度不足の祝日。お盆休みと重なる(意図的に重ねた?)こともあって、実際の山の日効果はさほど大きくならないだろう。
ただ、せっかくできた新しい祝日だもの、ここは最大限有効に使いたい。
ということで、海派より山派のオジサンのために、「安心安全!山へ登らない山の日の楽しみ方」を伝授したい。

 

 

なぜ登山をすすめないの?

150535823

今年、山岳での遭難事故が目に見えて増えていることをご存じだろうか。
「山ガール」を筆頭に、ここ最近の登山ブームには驚くばかり。老いも若きも「山は気持ちいい」「山こそすべて」といわんばかりの飛びつき具合だ。
しかし、その裏で山岳での事故が急増。とくに高齢者が救助される事例があとをたたない。
警察庁の資料では、昨年70歳以上の遭難者が5年前の2倍近くに達し、いまや5人に1人が70歳以上の遭難者で占められる。
年寄りの冷や水、と侮るなかれ。オジサン世代だって遭難する人数は全然減っていないのだ。

 

 

登山以外でも楽しく山と付き合える

そこで山の日を安全に楽しく過ごせるイベントとして、登山以外の3つを挙げてみたい。

 

▼自然園、植物園の散策

401763199

高原や登山口の近くには、必ずと言っていいほどその土地特有の植物を集めた自然植物園がある。
園内は周回コースになってだれでも散策可能。高原のヒンヤリした空気を吸いながら小1時間ほど歩けば、身も心もすっかりリフレッシュされる。
中には人工物でない本物の湿地帯や、アップダウンのあるハイキングコースの一部という本格的な場所もある。

 

▼キャンプ

181239326

歩け歩けはちょっと苦手、というご家族には、キャンプがおすすめだ。
湖のほとり、川のそばへ車で乗り付けて、簡易テントまたはロッジで優雅に自然を満喫。
休みたい人、動きたい人それぞれに適した予定が立てられるのがよい。
また前日までの準備が意外とワクワクして楽しかったりする。

 

▼農家体験

274193579

日本各地の農家体験ツアーの中にもかなり山深いところで行われているものがある。
畑自体が急峻な山の斜面であったり、「動物注意」の看板の横で収穫したり、植物、動物?ともにふれあえ、自然の恵みを感じることができる貴重な体験だ。
もちろんお土産があるのもうれしいし、将来田舎暮らしを考える中年世代にとっては、よい予行練習にもなるだろう。

 

 

昔取った杵柄は忘れよう

最後に、山岳遭難救助にあたる専門家のコメントを引用しておく。

「山遊びでは『やりたいサバイバルより、できるレジャー』をしてほしい。やりたいとできるの区別をきちんとつけてほしいですね」

山において、自分に対する過信は禁物だ。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ