パリ旅行で知っておきたいタクシーの4か条

  • 2015/12/11
  • ライフスタイル
  • 140view
  • YAZIUP運営
タグ

慌てないで

日本の東京も道が複雑で分かりにくいですが、パリの道路は一方通行が多く、しかも複雑に交差していますので道に迷いやすいです。
もし彼女とパリ旅行に行くならば、目的地までダイレクトに連れて行ってくれるパリのタクシーがおススメですが、あらかじめ知っておいた方がいいことがいくつかあります。

 

 

流しはほぼない

日本のタクシーは、タクシー乗り場から乗るほかにも流しのタクシーを手を挙げて捕まえる方法もあります。
しかし、流しで捕まるタクシーはほとんどないうえに、「白タク」を捕まえてしまう場合もありますので、不要なトラブルを避けるためにもタクシー乗り場から乗るのが賢明です。
2225962

 

 

自動ドアではない

日本のタクシーは、客が立つとドライバーが操作をして後部座席のドアを開けてくれます。
日本のタクシーの便利さに慣れている日本人は、パリのタクシーのドアの前でドアが開くのを延々と待っています。
しかし、パリのタクシーはお客が自分でドアを開けなければなりません。
当たり前のことですが、立ちつくしているととっても恥ずかしい思いをします。
112266596

 

 

助手席には乗れない

日本のタクシーで、お金を節約するために4人で乗る場合、3人は後部座席に乗って1人は助手席に乗ることがありますが、パリのタクシーでは助手席にお客を乗せることはまずしません。
4人いる場合には「1人は他のタクシーに乗れ」と言われるでしょう。
助手席に護身用の犬を乗せているタクシーもあるくらいです。
3人連れで、3人後部座席だときついから助手席に1人乗せてと頼んでも、断られます。
113840083

 

 

乗車拒否をされる場合も

パリのタクシーは、日本のタクシーと比べて乗車拒否をするケースが結構見られます。
酔っぱらっていてシートを汚す可能性があるお客、渋滞が見込まれるルートを希望するお客、動物連れのお客(介助犬連れは断れません)というケースはまだかわいい方です。
中には、自分の帰り道と逆方向だからという理由で乗車拒否をするドライバーもいます。
154142651

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ