これからはじめる、キャンプの達人への道 Part4

  • 2016/06/26
  • ライフスタイル
  • 92view
  • YAZIUP運営
タグ

テントはどんな場所でも張れる?

401557036

キャンプでテントを設営するというのは、醍醐味の一つです。
しかも、購入したばかりのおニューのテントを設営するとなるとテンションはマックスに達するはずです。
しかし、テントを張る場所を考えませんと、例えば強風でテントのポールが折れてしまい悲惨なキャンプとなる可能性もあります。
例えば、初心者はロケーションが良い場所に進んでテントを張ってしまいがちです。ただ、ロケーションが良いということは、それだけ風の通り道になりやすい場所です。そのため、強風でテントは簡単に吹き飛ばされてしまいます。
つまり、キャンプ場の天候、風の向きなどをしっかりと確認してからテントを設営する必要があるのですが、初心者にはハードルが高いことであると思います。
そこで、今回はテントの設営に向いている「場所」を紹介していきます。

 

 

水はけの良い場所!

101275588

テントを設営するときにもっとも気を付けたいのが、水はけの良いところです。普段からジメジメしている場所、くぼんだ場所や少しでも低い場所などにテントを設営しますと雨が降ってきたときにテントの中へ雨水が浸水してきます。
他のキャンパーが多くテントを設営している場所は、比較的安全なのですが、そういった場所に空きがない場合はテントの周辺に溝を掘って水の流れを変えておくとテントへ水が流れ込むのを防げます。

 

 

川辺などはNG

137077712

川辺にテントを設営するのは非常に画になるのですが、天候が変わりやすい夏場などでは、川の上流で豪雨があれば急激に川幅が変動してしまいます。
特に川辺は水位の上昇が早いので、プロなら違和感に気づくことが出来るかもしれませんが、初心者の場合は異常に気付くのが遅れてしまい、撤収作業が間に合わないというケースもあります。
海辺なども似たような理由で、テント設営初心者には不向きな場所です。テントは極めて安全な場所に設営するようにしましょう。

 

 

木陰をゲットする!

121688842

暑い季節は木の近くや木陰へテントを設営するようにしましょう。木の下というのは根が張っていますので水はけがよく、地面の環境的にテント設営に向いているのです。また日中の直射日光、夜露も避けることが出来ます!
直射日光を避けるための装備としてターブやシェード、キャノピーなどがありますが、初心者の方はこれら装備をそろえるのは難しいと思われるので、自然の力を借りてしまいましょう!

 

 

テントの環境には気を使おう!

155077604

テントは寝床になり、キャンプ場の中ではもっともプライベート空間になりますので、少しでも快適な環境に整えておくのは必要です。
また、シーズン中では優良なスポットには人が集まり、テントがひしめきあうことになります。テントの出入口は風下の方になるように設置するのがベストですが、他人からテントの内部が見えないように、向きを工夫してテントを設営することも必要です。

参考:安全なキャンプの基本!正しい「テントの張り方」知ってますか?|CAMP HACK
テントを張る場所を間違えると恐ろしい。テントの設営場所の選び方〜僕らの失敗談〜

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ