YAZIUP CLUB会員募集中

マイルCS2017 てるてる坊主で晴れ祈願しとくよペルシアンナイト

  • 2017/11/12
  • ライフスタイル・娯楽
  • 41view
  • のりき 夢丸
タグ

騎手も馬も大混戦ならではのすったもんだあり

騎手も馬も大混戦ならではのすったもんだあり

とにかく登録馬のメンバーを見れば思わずうなりたくなる今年のマイルCS。
理由はふたつ。
ひとつは、こいつを中心に回るという馬が見当たらない。
エアスピネル、レッドファルクス、イスラボニータ…しっくりこないんだよなぁ。
旬を過ぎたG1馬と重馬場で前哨戦勝ってきた人気馬でしょ?
そうそう、理由のふたつ目がその「トライアルの重馬場」なんです。
良で本番迎えたら「順位総入れ替わり」になりかねない、重適性ばかり問われた富士SとスワンS。
は〜、悩みは深いのであります。
 

良で見直したい3歳馬が1頭

良で見直したい3歳馬が1頭

先週京都の芝コースが順調に回復したのを確認し、もう台風が来ないことも確認した上でwww改めて狙ってみたいのが、今年の皐月賞2着馬ペルシアンナイト(牡3・池江厩舎)。

マイルCSは何気に皐月賞との相性もよろしく、ダイワメジャーはじめ、イスラボニータ、サダムパテックら先輩も好走済み。
その皐月賞は、出る馬場だったとはいえ出色のタイム1分57秒8で決着。
事情が許すなら菊よりここ狙うのは自然の摂理。
大人の事情?で鞍上が絶好調M・デムーロのままというのも好都合。(こっちのほうが色気あるとかまでは申しません)
振った馬を弟クリスチャンが乗るのだから、負けられない戦いがそこにあるのは明白である。
 

ハービンジャーだけどスピード指向のカラクリ

ハービンジャーだけどスピード指向のカラクリ

血統を見ておくと、母はダート界の大種牡馬だったゴールドアリュールの全妹で、叔父にゴールスキー(父ネオユニヴァース・マイルCS3着)らがいる「堅実血統」。
サンデーやキンカメよりも、Sクリスエス、Dインザダーク、そして本馬の父ハービンジャーといった、欧州、長距離、重厚種牡馬路線で花開く産駒が多く、よってここまで芝スピード寄りの産駒はファミリーでも珍しい。
毛色から探るに、これは祖父ダンシリの影響が強いと思われる。

ダンシリ(Dansili)は仏の堅実な一流マイラーではあったが、本当の大レースでは2、3着が多く、底力には欠けた。
ところが種牡馬としては予想外に大成功し、仏のリーディングも獲得。距離への融通性を見せるなど、産駒は意外性も兼ね備えている。

秋華賞のディアドラはじめ、確かに重馬場強いハービンジャーではあるが、ダンシリの隔世遺伝なら話は別。スピード負けすると甘く見ていると、やられるかも。
 

アナっぽいところまで忘れずに買おう

アナっぽいところまで忘れずに買おう

相手に注目しておきたいのが
▼ネオリアリズム
▼クルーガー(出てくれば)
元々の実力と人気との乖離が激しい2頭だ。

人気どころでは
▼レッドファルクス、サングレーザーは3着候補
▼イスラボニータ、エアスピネルは2着候補
▼サトノアラジンは調教とパドック次第
と見ているが、かなり難しい選択を迫られること間違いなしである。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ