YAZIUP CLUB会員募集中

毎日王冠2017 大器戦線離脱でもにぎわう今秋一番の顔そろい

  • 2017/10/03
  • ライフスタイル・娯楽
  • 50view
  • のりき 夢丸
タグ

この場にいてほしかった馬が1頭

この場にいてほしかった馬が1頭

残念ながら、再びケガで戦線離脱となったシルバーステート(牡4・藤原厩舎)は、秋緒戦ここ毎日王冠に登録があった。
「無冠」とか「幻」とか、いくつもの称号で呼ばれていた彼の真の実力は、またも発揮されないままに。
ファンによるディベートだけが今後もヒートアップするのだろう(困ったな)。
しかしガッカリすることはない。残されたメンバーも多士済済。
G1でなく、毎日王冠だからこそ実現する「異種格闘技戦」の様相を見せているのである。

 

まずは3歳代表ソウルスターリング

まずは3歳代表ソウルスターリング

牝馬でありながら、3歳勢でも実力最右翼と目されるのがソウルスターリング(牝3・藤澤厩舎)である。
厩舎独特のスタイルから、秋華賞ではなく秋の天皇賞を目指すプランが描かれている。それもこれも陣営が彼女に最大級の期待を寄せているからであり、牝馬と侮っていると痛い目に遭うだろう。
ま、逆に「すごすぎる」と買いかぶられる心配もあるのだが。

下世話な想像をするに「輸送にやや難点がある」「京都の2000内回りはゴチャつくコースで有名」という思惑が働いたか。
ならば斤量面でも恩恵があり、広々と走れる東京コースで実力を試したい、また挑戦者であればで彼女のキャリアに傷はつかない、といったところだろうか。

 

ついに花開いたマイル代表サトノアラジン

ついに花開いたマイル代表サトノアラジン

勝ちきれなかったG1をついに制し、今が盛りのサトノアラジン(牡6・池江厩舎)。
ちまたでは距離延長うんぬんの話も聞くが、これは今まで「G1を勝たせたい」陣営の思慮が働いた「マイル戦すみ分け作業」とみているので、1ハロンの延長自体は何ら問題なしとみる。
昨秋のマイルCSのデキが「生涯最高」に映ったので、上がり目は期待できないが、こういうブレイクスルー後の実力馬はもうひとつくらい弾けておかしくない。
もともと「トライアル馬」の性格もあるしね…。

 

心配の種が尽きないダービー馬マカヒキ

心配の種が尽きないダービー馬マカヒキ

終わったか、終わっていないかで議論の尽きないマカヒキ(牡4・友道厩舎)。
決して早熟馬ではない、というのが当方の見解。
ただ期待が大きいため、今まで彼が持つものさし以上とか、ど・アウェーの舞台ばかり設定されすぎた感は否めない。
ダービー以来、やっと落ち着いて国内G1を獲りにいけるこの秋が正念場だ。
この馬は「騎手が動かしてナンボ」のタイプ。ルメールよりはウチパクでいいと思う。府中もよし、バカにすると案外強いかもよ。

 

まだいるって!G1馬が!

他にもリアルスティール、サトノアレス、ワンアンドオンリーなどのG1馬に加え、グレーターロンドン、ヴォルシェーブら各路線から多彩な伏兵陣がエントリー。
自分の得意距離なんてくそくらえ!A・猪木もビックリ(もう知らないファンもいるな)の「スーパー異種格闘技戦」になること間違いなしである。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ