YAZIUP CLUB会員募集中

サンドイッチ理論はこの夏札幌で使え

  • 2017/08/10
  • ライフスタイル・娯楽
  • 35view
  • のりき 夢丸
タグ

中京記念一発では偶然もいいところ

各馬の持ちタイムを羅列し、その日の走破タイムを挟んだ2頭で馬券が決まる「サンドイッチ理論」
各馬の持ちタイムを羅列し、その日の走破タイムを挟んだ2頭で馬券が決まる「サンドイッチ理論」。
前回は中京記念を例にとり、見事な的中ケースをご紹介した。
が、それだけじゃまだ本当にスゴいのかわからんぞ、という御仁のためにもう少し話におつきあい願いたい。

2例目以降も同じく中京記念当日の日曜のレースから取り上げる。

 

芝レースなら今のところドンとこい状態

当日の予想走破タイムを正しく設定できれば、かなり的中に近づくことができそう
▼7R 牝馬限定500万下 2000M

2着メイショウタチマチ 2分00秒1(持ちタイム、以下同)
→決着タイム 2分00秒6
3着アロマドゥルセ 2分01秒2

▼9R 渥美特別 2200M

1着ラウレアブルーム 2分13秒4(10番人気!)
→決着タイム 2分13秒4
2着タガノシャルドネ 2分15秒2(9番人気!)

▼12R 500万下 1400M

3着ウェーブヒーロー 1分20秒8
→決着タイム 1分21秒7
1着オールポッシブル 1分22秒4
ちなみに4着13番人気サダムリスペクトの持ちタイムが、ジャスト1分21秒7!

もちろんこれは決着タイムを持ちタイムで(意図的に)挟んでみた結果であり、その間の秒数が大きく空いていたり、また他の馬も何頭か(多くはない)絡んでいることは間違いない。

しかし軒並みいい傾向であることは、ざっとご覧いただいただけでも明確。
あとは当日の予想走破タイムを正しく設定できれば、かなり的中に近づくことができそうだ。

 

サンドイッチが使える競馬場と使えない競馬場

サンドイッチが使える競馬場と使えない競馬場
残念ながら中京競馬場とはこれでしばしのお別れ。
実践はこの次ということになるが、うずうずして待ちきれないという方は、このあとぜひ札幌開催でチャレンジしてほしい。

そもそもサンドイッチ理論は「馬場が悪化する」前提でものを考えている。タイムの変化幅が大きな芝コースであればあるほど、どのくらい「タイムが遅くなるか」のさじ加減ができるからだ。

一方で例えば新潟のような、いつまでたってもパンパンの良馬場が続く平坦芝コースでは、多くの馬がサンドイッチの中に入り込んで来るか、人気馬が勝つかで、馬券としては面白くない。

その意味では、中京、函館、札幌、そして季節限定の中山(冬から初春)あたりがよい稼ぎどころとなり、反対に京都や東京、新潟あたりでは重にならない限り、使いづらいかも。
このあたりは研究課題として残る。

 

競馬はタイムアタックではない

事あるごとに申し上げてきたこの言葉だが、サンドイッチ理論はまさに「遅く走る馬を見つける」逆説的なアプローチである。
競馬といえば速く走れる長所ばかりに目が行くが、毎回同じタイムで走れるという未知の資質に注目した、画期的な馬券理論だと思うがいかがだろうか。
今後も解析班はこの「サンドイッチ理論」を追い続ける。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ