YAZIUP CLUB会員募集中

SGグランドチャンピオンは石野貴之選手が優勝し通算6回目のSG制覇

  • 2017/06/27
  • ライフスタイル
  • 37view
  • 松村 昴
タグ

グランドチャンピオンは石野貴之選手が優勝

6月20日から6月25日まで鳴門競艇場にてSGグランドチャンピオンが開催されていました。今年3度目のSGとあって初日から最終日まで盛り上がりました。そんな中で優勝したのが石野貴之選手です。石野選手は5月に開催されたSGボートレースオールスターに続いてSG連覇を達成。これで優勝賞金2,500万円を獲得して今年の獲得賞金ランクもトップに躍り出ました。年末のグランプリまで石野選手には注目です。

6月20日から6月25日まで鳴門競艇場にてSGグランドチャンピオンが開催されていました

 

グランドチャンピオンの優勝戦を回顧

優勝戦には1号艇には予選トップのオール2連対で4回1着を取っている石野貴之選手が登場。モーター気配が抜群で断トツの1番人気でした。2号艇には準優勝戦で超絶ターンのまくり差しで1着になった丸岡正典選手、3号艇には準優勝戦でトップスタートからのまくり差しで1着になった岡崎恭裕選手が登場。4号艇には篠崎仁志選手、5号艇には赤岩善生選手と準優勝戦では1号艇ながらも2着に敗れた2人が並びました。そして、6号艇には準優勝戦では道中競り勝って2着をもぎ取った下条雄太郎選手が登場。優勝戦は3対3の枠なりでスタート。内側3艇がトップスタートST.14で中でも1号艇の石野選手が伸ばしていき先マイ。まくらせず差させずの圧巻の逃げで優勝を果たしました。2着には道中競り勝った篠崎選手が、3着には岡崎選手が入着しています。

グランドチャンピオンの優勝戦を回顧

 

石野貴之選手はSG通算6回目の優勝

SGグランドチャンピオンで優勝を果たして石野貴之選手は大阪支部の90期です。同期には吉田拡郎選手や赤坂俊輔選手らがいます。石野選手は今回のグランドチャンピオンの優勝でSG通算6回目の優勝となりました。ちなみに、グランドチャンピオンは今回が初優勝です。また、5月に福岡競艇場で開催されたSGボートレースオールスターでは優勝しておりSG連続制覇となりました。今競艇界において最も乗れている絶好調の選手と言っても過言ではないでしょう。今後は7月には丸亀競艇場で開催されるSGオーシャンカップ、浜名湖競艇場で開催されるG1浜名湖賞に出場予定となっています。とくにSGオーシャンカップはSG3連続優勝がかかっているので気合が入っているでしょう。また、過去6回のSG優勝の中でもSGオーシャンカップは3回も優勝していて相性が良いのでぜひ石野選手に注目してみてください。

石野貴之選手はSG通算6回目の優勝

競艇界は群雄割拠時代へ

今回のSGグランドチャンピオンではどの世代も活躍しておりまさに競艇界は群雄割拠の時代です。優勝した石野貴之選手は銀河系と呼ばれた世代とニュージェネレーションの世代の狭間の世代になります。そして優勝戦には銀河系の丸岡正典選手、ニュージェネレーション世代の岡崎恭裕選手、篠崎仁志選手らが登場。さらに、銀河系の世代よりも前にあたる赤岩善生選手も優勝戦まで駒を進めてきました。準優勝戦でのメンバーを見てもどの世代もいてまさに群雄割拠の時代でしょう。そんな競艇界だけに今後誰が一歩抜けた存在になるのか注目です。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルを愛するフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。 趣味はアウトドアでキャンプやサイクリングで気分転換。
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ