YAZIUP CLUB会員募集中

帝王賞2017 豪華中央勢に挑む地方の雄ウマノジョー

  • 2017/06/18
  • ライフスタイル
  • 167view
  • のりき 夢丸
タグ

粒ぞろいで馬券が面白い帝王賞に

粒ぞろいで馬券が面白い帝王賞。
かつては何年か続けて帝王賞に通ったが、実際のところ馬券は二の次で、当日の大井の雰囲気とグルメ、下級条件の馬たちのパドックなどを楽しんでいた。
というのも帝王賞自体はそれほど難解なレースになることがなく、配当は知れたもの。
どちらかといえば各ブースの当選プレゼントの方が高価?なくらいで、まさに「梅雨の競馬祭り」といった風情。

しかし、今年は少し違う。
正直中央勢有利としても、着順まで正確に当てるのは至難の業だろうし、なにより地元からもおもしろい馬が1頭出走を予定。

その馬の名は、ウマノジョー(牡4・大井・渡辺和雄厩舎)だ。

 

末脚光る伸び盛りの4歳馬

ウマノジョーは伸び盛りの4歳馬です。
先日大井記念(S2)を勝った際のインタビューで、調教師が「1年前はC1も勝てなかった馬ですが……」と感慨深げに話していたのを聞きつけ、ビックリしたものだ。
調べてみると、たしかに1年前の7月にはC1四、五、六組競走に出走し、2着に負けている。

生産が青森ということもあってかデビューの地は盛岡で、大井記念で手綱を取った山本聡哉騎手も当時何回か騎乗している。
彼によるとその頃より現在は数段パワーアップし、スタミナがついてきたとのこと。
大井に移籍してからも堅実に走っていたが、陣営の期待が自身に変わったのが昨秋の準重賞スターバーストCあたりから。
3歳夏に大井で休養から復帰した際には、一気に体重を490キロ台に戻し、現在は500キロを超えようかという好馬体に成長。
それが前走大井記念で自信初の上がり37秒台という末脚を叩き出す原動力となったのか。

また血統を見ると、2代母以前の母系の影響力が低く(NorthernDancerやBuckpasserのクロスは無効)、自身はほぼ父方ウイングアローの仔といっていい構成。
大井の2000あたりは絶好の舞台になりそうだ。

 

しかし中央勢は強敵だゾ

どれくらいウマノジョーが絡んでこれるか非常に楽しみな一戦だ。
最後に中央勢について一言ずつ。

▼アウォーディー、クリソライト、サウンドトゥルーらベテランは上がり目という点で疑問がつき、それぞれ2、3着候補へ。

▼ゴールドドリームは出てくれば有力だが、いかんせんドバイ帰りの臨戦過程と距離的な適性を考えて、おさえまで。

▼破竹の勢いだったオールブラッシュも前走でようやく一息。
しっかりリフレッシュできれば、あるいはタイトルに手が届いても。

▼事件でみそが付いたアポロケンタッキーは、枠順と乗り方ひとつ。揉まれ弱さが顔を出さなければ、暮れの再現も十分あるが。

中央勢のネームバリューは一流だが、実際は各馬一長一短の面々なので、ここにどれくらいウマノジョーが絡んでこれるか(来年はもっと面白いはず)、非常に楽しみな一戦だ。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ