記事制作方針ガイドライン

GⅡが琵琶湖競艇場で開催!GⅡ秩父宮妃記念杯の展望を紹介

  • 2017/05/11
  • ライフスタイル
  • 37view
  • 松村 昴
タグ

GⅡ秩父宮妃記念杯が琵琶湖競艇場で開催

競艇の世界では意外とG1よりもGⅡのレースが少ないです。そんな中で5月には琵琶湖競艇場にてGⅡ秩父宮妃記念杯が開催されます。開催期間は5月16日から5月21日となっています。5月23日からはSGボートレースオールスターが開催されるとあってメンバーは少し落ちます。しかし、だからこそなかなか活躍できない若手も多く出場予定になっており注目なのです。そこで今回はGⅡ秩父宮妃記念杯の展望や見どころなどを紹介していきたいと思います。

5月は琵琶湖競艇場にてGⅡ秩父宮妃記念杯が開催されます。

GⅡ秩父宮妃記念杯の展望を紹介

GⅡ秩父宮妃記念杯は琵琶湖競艇場で開催されるとあって地元の滋賀支部のメンバーが注目です。滋賀支部のエース級と言えば守田俊介選手と遠藤エミ選手ですがSGボートレースオールスターがあるため出場していません。そうなると地元の準エース格である川北浩貴選手に注目です。他にもベテランの山田豊選手や若手の青木玄太選手、丸野一樹選手ら地元滋賀支部からは6名の選手が登場します。勝手知ったる地元水面だけに期待できるでしょう。遠征組の中ではSG覇者である丸岡正典選手が実力では上位でしょう。初日のドリーム戦では1号艇で登場予定になっており優勝候補筆頭です。また、同じくドリーム戦2号艇の中野次郎選手、3号艇の徳増秀樹選手はSG・G1戦線でも活躍しているだけに今回でも格の違いを見せつける可能性があります。また、20代の選手が8名も参戦予定の今大会だけに若手の台頭があるのかにも注目です。

GⅡ秩父宮妃記念杯の展望を紹介します。

琵琶湖競艇場の特徴やデータを紹介

琵琶湖競艇場は名前の通り日本一の湖・琵琶湖にある競艇場です。水質は淡水でありまくりも決まりやすい特徴があります。インコースが弱いことで知られている琵琶湖競艇場は6コースからでも舟券に絡むことがあるので予想が難しいと言えるでしょう。

最近3カ月(2017/2/1~2017/4/30)のデータとしては1コースの1着率は46.2%となっています。
データ引用元:BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE

つまり単純に2走に1回以上はインコースから逃げれていないことになります。簡単にインコースをだからと言って信用しすぎるのは危険でしょう。また、琵琶湖競艇場のもうひとつの特徴としては2マークでの逆転が意外とあることです。2・3着争いも混戦にあることが多く2マークでの逆転劇があり得ます。琵琶湖競艇場で舟券を狙う場合は決め打ちよりも流したり予想を広げてみたりするのをおすすめします。

琵琶湖競艇場は名前の通り日本一の湖・琵琶湖にある競艇場です。

GⅡ秩父宮妃記念杯に出場する注目の若手を紹介

GⅡ秩父宮妃記念杯では若手が多く斡旋されており20代の選手だけで8名の選手が出場予定となっています。なかでも注目なのが地元の若手・丸野一樹選手です。トップルーキーに選出されている丸野選手は109期の25歳です。すでにG1での優出経験がありトップ選手と競っても戦える度胸と腕があります。今回のGⅡ秩父宮妃記念杯では初日のドリーム戦6号艇で登場します。ドリーム戦に乗るということは期待されている証です。得意の地元水面だけに若手注目株の丸野選手の活躍に期待しましょう。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルを愛するフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。 趣味はアウトドアでキャンプやサイクリングで気分転換。
記事制作方針ガイドライン
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

ロットンダで

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ