YAZIUP CLUB会員募集中

田村隆信選手が8年ぶりの四国王者に!女子選手が活躍したG1四国地区選手権

  • 2017/03/18
  • ライフスタイル
  • 46view
  • 松村 昴
タグ

田村隆信選手がG1四国地区選手権を優勝

2月19日から2月25日に鳴門競艇場で開催されたG1四国地区選手権は徳島支部の田村隆信選手が優勝しました。田村隆信選手は2009年以来の8年ぶりのG1四国地区選手権の優勝です。これで田村隆信選手のG1通算優勝は区切りの10となりました。また、今回のG1四国地区選手権では女子レーサーが大活躍。4人の女子レーサーが準優勝戦に登場しました。残念ながら女子レーサーが優勝戦に乗ることはありませんでしたが、今回のG1四国地区選手権を盛り上げたのは女子レーサーかもしれませんね。

471456671

 

 

G1四国地区選手権の優勝戦を振り返る

優勝戦では1コースから田村隆信選手が貫禄の逃げで圧勝でした。1号艇でシリーズリーダーの田村隆信選手が堂々と登場。片岡雅裕選手と宮崎奨選手、小野寺智洋選手と香川支部が2号艇から4号艇を固めました。そして外枠の5・6コースには徳島支部の市橋卓士選手と一宮稔弘選手が登場しました。レースは枠なりで1コースの田村隆信選手がST.12のトップスタートを決めて他を寄せ付けずに優勝しました。2着には6号艇の一宮稔弘選手、3着には小野寺智洋選手が入着しています。まさに田村隆信選手の完勝となりました。田村隆信選手の実力は四国では一枚上手ですね。

429587551

 

 

8年ぶりの四国チャンプ田村隆信選手

今年のG1四国地区選手権を制覇した田村隆信選手は1978年生まれの現在38歳です。徳島支部に所属しており85期の競艇選手です。同期には井口佳典選手や丸岡正典選手、湯川浩司選手など多くのトップ選手がいます。もちろん田村隆信選手もトップ選手のひとりで競艇最高峰のSGで3回も優勝しています。デビュー当時から注目の選手で初出走となった1999年11月19日にはデビュー戦で初勝利をしています。若い時から頭角を現しておりデビューから3年2カ月で新鋭王座決定戦(現在のヤングダービー)を制覇してG1を初制覇しています。さらに翌年にはオーシャンカップでSGを初優勝しており若くしてトップ選手の仲間入りをしています。しかし、現在の状況はあまり良くなく昨年のSGグランプリシリーズの準優勝戦でフライングしているので地元開催のSGグランドチャンピオンにも出場できないのです。そんな窮地でもきっちりとG1四国地区選手権を制覇するのはさすがです。フライングの罰則が明けたらSG戦線でまた活躍してほしい選手です。

G1四国地区選手権では女子レーサーが大活躍

 

 

女子選手が大活躍

今回のG1四国地区選手権の特徴のひとつが女子レーサーの活躍です。優勝戦にこそ女子レーサーは乗れなかったものの、準優勝戦には4人の女子レーサーが進出しています。準優勝戦に登場した女子レーサーは岸恵子選手・平高奈菜選手・山川美由紀選手・中村桃佳選手の4人です。この4人の中でとくに注目なのが中村桃佳選手です。中村桃佳選手は114期でまだ24歳で非常に若い女子レーサー。この若さで混合G1にて準優勝戦に進出したのは立派でしょう。これからの活躍に期待できる選手のひとりです。もし女子レーサーというだけでオッズが高くなっているなら狙ってみるのもいいでしょう。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルを愛するフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。 趣味はアウトドアでキャンプやサイクリングで気分転換。
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ