イクメンもいいけど、まずは妻奉公から!夫が家庭内で安定した地位を得るためには

  • 2016/03/21
  • ライフスタイル
  • 137view
  • YAZIUP運営
タグ

育児には積極的。でも、妻のこと分かってる?

117974122

子どもが大好きで、休日には必ず公園に連れて行く。
朝早くから公園で子どもとサッカーに興じる姿は、誰から見ても立派な「イクメン」。
「俺ほど家庭を顧みてる男はなかなかいないだろうな……」なんてほくそえんでいませんか?

確かに、イクメンは素晴らしい。
子どもと積極的に遊んでくれるし、おむつ替えも嫌がらずにやってくれるし、パパとしては最高。
でも、「夫」としてのあなたはどうなのでしょう?
妻から冷たい視線を浴びていることに、気が付いていないだけではないでしょうか?

 

 

妻の話をちゃんと聞いてる?

340191899

「恋愛している時は、ずっと目を見つめて、ウンウンと話を聞いてくれていたのに……。
結婚して、子どもが生まれて、日々格闘しているうちに夫婦の会話は激減。
いいや、私はしゃべってる。
だけど、夫が聞いてくれないだけ。
気が付けば、私一人だけがしゃべっていて、夫は気のない返事ばかり……。」

こんなふうに悩んでいる妻がとっても多いこと、あなたは知っていましたか?
結婚すると、いつも家にいてくれる妻の存在が当たり前になって、ついつい空気のように扱ってしまうこと。
男性なら、思い当たる人が多いのではないでしょうか。

確かに、疲れて仕事から帰ってきて、のんびりテレビでも観たいのかもしれない。
でも妻も、やっと帰ってきた夫と話がしたいのです。
子どもの小さな成長や、ママ友との出来事なんかを、ビールでも飲みながら夫と楽しくおしゃべりしたいんですよ。
それなのに、夫はテレビやスマホに釘づけでかまってくれない。
これでは、妻のストレスは溜まる一方ですよね。

男性からすれば、「疲れて帰ってきてるんだから、勘弁してよ!」と思うのかもしれませんが、それは妻だって同じです。
毎日、一生懸命子どもと向き合い、家事に取組み、母親業と主婦業を頑張っているのです。
それなのに、夫が向き合ってくれないのであれば、まるでないがしろにされているように感じてしまうものなのですよ。

ですから、1日に10分でも15分でも、妻と語り合う時間を持つようにしてみてください。
その間は、テレビやスマホは禁止です。
2人で向かい合い、1日の出来事を話し合うのです。
こういった時間を持つことで、よりお互いのことを深く理解し合うことができ、夫婦の絆も深まっていくのですよ。

 

 

妻のこと、女として見てる?

69557173

結婚して毎日一緒に暮らすようになると、次第に恋人同士のような気持ちは薄れていきます。
それは、夫も妻も同じでしょう。

しかし、愛情が消えたわけではありません。
恋愛感情が、深い愛へと変化しただけなのです。
結婚して家族になったとはいえ、やはり男と女としての部分は、変わらず持っていたいもの。

とはいえ、妻を女性として見ることができなくなった、という男性の声をよく聞きます。
確かに、育児に家事に奮闘し、ファッションや髪形に構う余裕がない妻も多いでしょう。
でも、そんな時に夫から「今日も服は素敵だね」「その髪型よく似合ってるね」と声をかけられれば、妻は「きれいでいなくちゃ」と心がけるものなのです。

もしあなたが最近妻のことを褒めていないのであれば、是非とも実行してみてください。
誰だって、褒められれば嬉しいし、やる気が出てくるものです。

妻が笑顔でいることができれば、家庭内は明るくなります。
夫に対する不満も減るでしょう。
そして、妻の中で、夫を大切にしたいという気持ちが大きくなっていくのです。

妻を大切にすれば、家庭も円満になる。
その結果、家庭内に夫の確固たる居場所が築かれていくのですよ。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ