YAZIUP CLUB会員募集中

妻が体調を崩した時にすべきこと

  • 2017/11/02
  • ライフスタイル・娯楽
  • 72view
  • YAZIUP運営
タグ

万が一に備えて再確認しておこう!

風邪やインフルエンザなどでなくても、気分が優れなくて体が思うように動かないことがあります。
妻がそういった体調不良に陥った時、夫として何をすべきか考えたことはありますか。
普段から家事や育児を率先して行っているオヤジなら、いつもの生活に妻の看病が加わるだけですが、普段は妻が中心となって家事や育児を行っている場合はどうでしょう。
妻の体調が悪くなっただけで1日の流れが大きく変わり、あたふたするオヤジもいるはずです。
滅多に体調を崩さない妻も、いつその時が訪れるか予想できない以上、妻の体調不良時にすべきことを再確認してみてはいかがでしょうか。

 

自分のことは自分でする

自分のことは自分でする
妻の体の調子が悪く、家事が一切できないとなると、自分のことは自分の手ですべて行わなくてはなりません。
具体的に言うと、洗濯物を干す、食材や日用品の買い出し、食事を作る・とる、洗濯物を取り入れて畳む、掃除をする、着替えを用意する、郵便受けをチェックする、寝支度をする、ゴミを捨てに行く等、これらをすべて自分1人で行うことになります。
これらを日常的に行っているオヤジなら、むずかしいことではありません。
しかし、これらの中で普段行っていないものが多いほど、もしもの時に動けるかどうか自信がなくなってしまうもの。
「自分のことくらい、自分でできて当然だろう」と思っていても、不慣れなことを完璧にできる人はそう多くはないはずです。
万が一の事態に備えて、家事を中心に身の回りのことを自分で行えるか、少しずつ実践してみてはいかがでしょうか。

 

子どもの相手

子どもの相手
子どもの年齢が低いほど、親の助けを必要とします。
トイレができないならオムツのチェックと交換をし、離乳食が必要なら大人とは別に作らなくてはいけません。
5歳くらいになれば配膳や洗い物などの手伝いができるようになりますが、突然言うことを聞かなくなったり、お母さんが恋しくなってグズったりということも考えられます。
子どものお世話はもちろん、効果的ななだめ方や子どもが喜ぶ遊び方も頭に入れておきたいものです。

 

安心感を与える

安心感を与える
家事も育児もきちんとできない夫の姿を見ていると、まだ体が辛くても「もう大丈夫だから」と妻が無理をしてしまうことも考えられます。
無理をすれば、心身への負担が積み重なるのは明白なので、体調を崩した妻に対していかに「安心感」を与えられるかが重要なポイントと言えるでしょう。

「妻が体調を崩した時にすべきことは?」と聞かれて、真っ先に「看病」が頭に浮かんだオヤジもいるかと思いますが、看病だけをして家の中がめちゃくちゃとなると、病み上がりの妻に苦労をかけてしまうことになります。
仕事が忙しくて看病も家事もできないオヤジも、妻の負担を増やさないように努力することはできるはずです。
大変であり、面倒なことかもしれませんが、妻は体が弱っている時にやさしくしてくれた夫の心遣いに感謝し、夫婦の愛を再確認することでしょう。
円満な夫婦関係のためにも、困った時は支え合っていきたいものです。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ