家族のために頑張るイクメンになる方法

  • 2016/01/14
  • ライフスタイル
  • 134view
  • YAZIUP運営
タグ

仕事と両立させながら上手にイクメンになる

家族のために一生懸命仕事をしながら、なおも育メンとして頑張っている男性が多くなってきています。
家のことは妻に任せるという方も多かった昔に比べて、積極的に家事や育児をする男性が多くなってきたのです。

実際、イクメンを目指している男性も多く、中には職場に育児休暇届けを出して、本格的に育児に専念する会社員の男性も多くなっています。
ただ、世間的にはまだまだイクメンは認知されておらず、難しい点も多いです。

 

 

仕事とプライベートをしっかり分けて考える

259229669

まず、イクメンの掟として「仕事とプライベートの両立」が挙げられます。
仕事で給料をしっかり稼ぎ、プライベートも充実させるのが育メンの最低条件となります。
仕事に追われている人は、家族のために働いているつもりが、結果的にお金だけのために働いてしまっているということも少なくないです。

仕事に関しては、スケジュール管理やタスク管理をしっかり行うようにしましょう。
何時から何時までは仕事、残業がある場合は何時までに終わらせるのか決めること。
休日出勤は本来必要のないものなので、自分のプラスにならないのであれば、極力避けるようにしましょう。

プライベートに関しては、家族のことを第一優先で考える必要はありません。
自分の心が充実していないとイクメンとして生きていくのは難しいです。
ただ、休日に関しては子供のために時間を使ってあげましょう。

 

 

育児休暇が取りやすい職場を選ぶ

275562389

職場選びもイクメンにとっては重要となってきます。
例えば、子供ができた時育児休暇を取得できる男性はどれほどいるでしょうか。
おそらく日本の大半の会社では難しいと思います。
日本では99%が中小企業となっており、そのほとんどが男性の育児休暇に前向きではありません。

しかし、年々育児に専念したいという男性が増えてきたことを受け、会社では男性の育児休暇についても認めつつある動きとなっています。
そういった企業を選ぶことによって、よりイクメンを目指しやすくなるのです。

育児休暇については、大企業のような大量の社員を確保できる企業はしっかり整備されています。
とはいっても、簡単に転職できないのが日本という社会なので、この点については自分のバイタリティや能力にもよると言えます。

 

 

家族との時間を大切にする

209210668

根底に置いておきたいのは、「家族を大切にしたい」という気持ちです。
仕事をしていても、家族を最優先にするイクメンも多いですし、自分のことは顧みず家族を支えているという男性もいます。

基本的に育メンは気持ち次第でなることができるのが事実です。
場合によっては仕事を止めて子育てを行っている男性もいるのが現実です。
その岐路に立たされた時、「かけがえのない家族との時間を大切にするのか」「仕事で出世して家族を支えるのか」、色々な道を考えて見て下さい。
育メンが増えている中、まだまだ育児に積極的に参加できている男性は少ないです。
かっこ良い男性像が逞しい男から優しい男に変わってきている今、イクメンを目指してみるのはいかがでしょうか。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ