オヤジ世代が知っておくべき相続の話:死亡保険金は相続財産か?

  • 2016/11/19
  • ライフスタイル
  • 29view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 結婚/育児
  • お金
  • トラブル
  • 保険
  • 夫婦
  • 家庭
  • 暮らし
  • 法律
  • 結婚

相続争いで問題になる死亡保険金

最愛の妻を残して先立つことがあっても、残された妻や子供が路頭に迷わないようにと生命保険に加入しているのがオヤジ世代の一般的な姿です。あなたも入っていますよね。もちろん、まとまった死亡保険金がでるタイプの商品にです。

255486694

不幸にして亡くなってしまった場合、その死亡保険金をめぐって争いが生じる可能性があります。
その死亡保険金を誰が受取るのかは受取人欄にも書いてあるはずです。しかし、それで話が済めば良いのですが、妻を受取人にしている場合でも他の親族が権利を主張するケースがあります

彼や彼女たちの言い分は、死亡保険金は相続財産だから法定相続分に従ってこちらにも寄越せというものです。妻と子供がいる場合は、このような主張をしないかも知れません。しかし、もともと妻だけで子供がいなかった場合は親や兄弟が相続順位として浮上します。

そんなお金で揉めるような一族ではないというなら安心ですが、金に目がくらむ人がいても不思議ではありません。

しかし、死亡保険金の受取人として妻個人を指定している場合には相続財産とはなりません。この場合、妻個人の固有財産として権利が生じるため、相続の問題にはならないのです。

ただ、法律上はそうなっていても、こちらにも分け前をくれという非常識な人間がいないわけではありません。親兄弟どころか、従兄弟や遠縁の配偶者まで参戦するケースも見受けられます。

503048539

そんな事態に陥れば、穏便に解決することは不可能と思って間違いないでしょう。弁護士や警察の出番まであります。

最愛の旦那を亡くして、醜い連中との闘争までしたくない。だから、死亡保険金はくれてやると奥さんが思うこともあるでしょう。
しかし、それでは何のために生命保険に加入したのかという話になります。

 

 

受取人の指定が相続人の場合

相続人のうち妻個人や子供個人が指定されていれば、その他の人の出る幕はありません。しかし、受取人の指定が単に法定相続人である場合には、該当する人全員が受取人となります。

たとえば、妻と子供1人がいる場合はそれぞれ半分の権利を持ちます。また、子供がいなかった夫婦の場合で妻と親がいる場合は妻が2/3で親が1/3の権利を持つわけです。取り分は想定相続分に拠っていますが、けっして相続財産となっているわけではありません。こちらのケースでも固有財産であることに変わりはないのです。

さらに、受取人の指定が無い場合ですが、このときは保険契約約款の記載に従います。
約款に配偶者が受取ると書かれていれば妻の固有財産になるわけです。

現在でも、死亡保険金を相続財産だと勘違いしている人は少なくありません。そのため、相続放棄の問題と微妙に絡み合って複雑な人間模様を描くことも珍しくないのです。

376801489

生命保険の死亡保険金は受取人の固有財産である。このことを、しっかりと確認しておきましょう。
そして、自分が天国へ旅立ったあとに揉め事が起きないように普段から意識しておく必要もあります。

この記事につけられたタグ

  • 結婚/育児
  • お金
  • トラブル
  • 保険
  • 夫婦
  • 家庭
  • 暮らし
  • 法律
  • 結婚

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ