できることなら結婚前に同棲を

  • 2016/08/29
  • ライフスタイル
  • 87view
  • YAZIUP運営
タグ

結婚が人生の墓場になる理由

晩婚化が叫ばれる現代では、社会の第一線で重要な役割を果たしているおやじ世代にも独身者は数多く存在しています。ひと昔前なら、独身貴族と呼ばれるところですが、最近では老後の不安が増すばかりではないでしょうか。もっとも、老後の備えで結婚するなんてことは、いまの時代では嫌われかねない概念です。

さて、生涯独身でとおすなら何も問題はありませんが、この先も結婚を諦めないというのであれば、結婚が人生の墓場にならないように気を付けるべきことがあります。

441175342

そもそも、結婚が人生の墓場になるのは、結婚自体を目的にするためです。結婚してどのような未来を切り開くかのビジョンがなければ、相手を見る目も曇るでしょうし、どん詰まりになるのも当然です。
また、結婚を手段として考えてはいても、楽をするためのお手軽な手段と考えているのであれば、やはり墓場へまっしぐらとなりかねません。

男性の場合は、母親代わりになる女性を確保したいだけの場合などが相当します。女性であれば、俗にいうATMを確保したいだけです。

たしかに、古くから結婚には家事育児や介護要員の確保と家計を支える要員確保の面が強くあるのは事実です。きれいごとでは生活ができませんから、結婚相手の条件として、そうした能力の優劣が問題になるのはよくある話です。ひと言でいえば、結婚は妥協の産物なのです。

しかし、昨今はあまりにも即物的な面を強調されることが目立つようです。従来であれば、後先の違いはあれど、そこに愛はあったのです。
もし、結婚したい女性がいるのなら、彼女への思いが本物の愛情なのか、母親代わりを求めるような感情なのかを確認しなければなりません。もちろん、彼女の本心も知る必要があります。

158536733

 

幸せな結婚生活のために最低限確認すべきこと

「惚れてしまえばアバタもえくぼ」という言葉があるように、感情が盛り上がっているときは真実が見えません。世の中の女性は良い人がほとんどですが、稀にとんでもない悪女が潜んでいます。彼女を疑うべきとはいわないまでも、知っておくべきことは知っておくべきなのです。

見合い結婚が盛んな頃は、ご近所などで聞き込みをすることも当たり前でした。しかし、恋愛結婚が増えており、個人情報の保護が叫ばれる現在では、たとえ結婚を考えている相手のことであっても容易には調べられません。その流れから、相手に聞くことさえ憚られる風潮があります。

その結果、結婚してからとんでもない事実が発覚するというのです。

・年齢をごまかしていた

・借金が山ほどあった

・問題を抱える兄弟姉妹の存在を隠していた

・バツイチ子持ちだった

・ヒステリーでDVだった

・他に現在進行形の彼氏がいた

ただ、このような事実は相手や関係者が隠していれば、簡単に発覚することでもありません。知るにも限界があるのです。そこで、結婚の前に同棲をしてみることが有効になります。なかには、同棲していても入籍まで隠し通すツワモノもいますが、たいていは一緒に暮らすことでボロがでます。

144903409

ひとたび入籍してしまうと、離婚するのは至難の業なのが実情ですから、お試し期間はあっても良いでしょう。お互い様の話ですから、彼女にとっても意義のあることです。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ