男性の育児負担への意識がある世代から変わっている

  • 2016/06/14
  • ライフスタイル
  • 86view
  • YAZIUP運営
タグ

男性も家事、育児もという意識の高まりはあるのか?

375636310

男性も育児休暇を取ろう!というキャンペーンを政府も盛んにやっていますが、実際には男性の育児休暇取得率は1%に満たないところがほとんどという結果も出ています。女性でさえ出産したら退職圧力がかかるのに(違法です!)、まして男性が育児休暇など取れるはずがないという現実も知っておく必要があります。

では盛んにキャンペーンをやっていますが、男性が家事、育児をしようという意識が高まっているかというと、まだまだ家事、育児は女性(妻)の仕事だと考えている人が多いようです。各国における「無報酬労働」=つまり家事、育児をしている女性=の労働時間は各国の中でも飛びぬけて日本が多いのが実情です。

男性だけが悪い、ということではなく帰って育児したくても残業を強いられるのが日本社会です。その元凶である経営者、管理職世代の頭は変わりませんから、退場するまでは無理そうですね。

 

 

家庭科共修世代で意識が変わるようです

340777514

とはいえ、男性の意識が全く変わっていないかというとそうでもなくて、中学校、高校で男子も家庭科を履修した世代からガラっとその意識が変わっているというデータがあります。かつて高校で女性が家庭科を習っていた時間、男子は(ほとんどの場合)体育をしていました。

それが男女一緒に家庭科をするようになり、やはり若い男性の内から家庭生活を考える機会ができたのが功を奏しました。男子校であっても高校であれば家庭科を(男子だけでも)習わなくてはならなくなっているのです。

116111842

現在学習している家庭科は、我々が思っている「料理、お裁縫」とは異なっています。当然ながら良妻賢母教育ではなく、男女共同参画して共に家庭を作っていく内容に変わっています。具体的には、消費者問題やカードローンの問題、ライフプラン、人生設計、性的少数者への配慮等・・・、もちろん調理実習なども行いますがかつてのようなイメージではなく、男性も学びやすい形で家庭、家事、育児というものを意識するようなプログラムになっています。

こういう世代が会社で偉くなれば変わっていくかもしれませんね。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ