記事制作方針ガイドライン

創意工夫というべきか?カードの現金化に新たな手法

  • 2017/05/03
  • ライフスタイル
  • 52view
  • YAZIUP運営
タグ

カードの現金化とは

カードの現金化といっても、普通に暮らしているオヤジには何のことかわからないでしょう。カードとはクレジットカードのことであり、現金化とは、そのクレジットカードに設定されているショッピング枠をキャッシュに変身させる裏技、またその実行を指します。キャッシング枠がいっぱいで借入ができない場合に、現金を作る策として知られています。

カードの現金化とは?

古典的な手法としては、新幹線の回数券などの金券ショップで高く買い取ってくれるチケットをクレジットカードで買い、その足で金券ショップへ持ち込むというものが有名です。それ自体は、現金が欲しい本人が勝手にやっているケースが多かったようです。

また、買取屋なる業者を経由した現金化が流行った時期もありました。買取屋の指定する商品を購入して、そのまま買取屋へ持ち込み、売り払う方法です。この方法は、新幹線回数券と異なり、極めて低い換金率が通例でした。

しかし、このようなカードの利用方法はカード規約に違反するケースが一般的であり、場合によっては刑法の詐欺罪に問われる危険性を持つものです。そこで、カードの現金化業者なるものが多数生まれるようになります。その手法の一例として、現金化業者が販売する商品をカードで購入します。それに対して、現金化業者はキャッシュバックと称するお金を渡します。あくまでも、購入に対するキャッシュバックだから問題はないとの建前です。

とはいえ、これも現金を作るための方便であることは明白であり、問題がないとは言い切れません。
購入に対するキャッシュバックだから問題はないとの建前でも問題がないとは言い切れません。

 

ネットで現金を売り出す

ところが、従来のパターンとは異なる新しい現金化手法が表面化しています。それが、現金をカードで買うというものです。考えたものだと感心してしまうオヤジも少なくないのではないでしょうか。

カードで買ったものを、カード会社への支払が終わらないうちに転売すれば、規約違反や刑事事件になる可能性があります。キャッシュバック方式であっても、そこで買った物に決済金額に見合った価値がない点で同じ問題が考えられます。

しかし、現金自体をカードで買うのであれば、転売の問題は生じませんし、現金は消費するものですから使ってしまっても問題になりません。現金を作る手段を考えるのではなく、現金を売買すれば良いというのは、ある種の逆転の発想でしょう。

とはいえ、10万円を12万円なり13万円で購入すれば、その差額の分だけ負債が増えることに変わりありません。また、ネットオークションを利用した取引では、商品(現金)が届かないというリスクもあります。システム的に商品(現金)が届かなければ決済されないサービスがあったとしても、目的を達することはできません。

オークションサイトやフリマアプリなどネットを使って現金を売る手口

もともと、レアな商品(通貨)を売買するための場で、マネーロンダリングもできてしまいそうな使い方をすることがおかしいのは言うまでもないことです。各カード会社や各オークション運営会社が規制強化する可能性もあり、現実に発行中紙幣が出品禁止となったオークションサイトもあります。そのため、いつまで使える手法かは定かではありません。

オヤジとしては、こうしたいろいろな手法を思いつく発想は見習いたいものですが、結果的に損をする買い物は避けたいものです。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ