記事制作方針ガイドライン

知っておきたいキャッシングの基礎知識

  • 2015/12/12
  • ライフスタイル
  • 134view
  • YAZIUP運営
タグ

消費者金融系と銀行系の違い

63197617

消費者金融系のローンは審査が下りやすいのが特徴です。しかし、一般的なイメージのようにあまりポジティブな印象を与えることはありません。黙っていればばれないのですが、住宅ローンや教育ローンなど公的な目的で銀行から融資を受ける場合には、消費者金融系の履歴があると融資が受けられなくなる可能性があります。

一方で銀行系のローンの場合は、対外的な影響は少ないのですが審査に時間がかかる、審査のハードルが高いという欠点があります。また、既に口座がある銀行のカードを勧められるという可能性もあり、選択の余地が狭いのも難点です。

 

 

総量規制と収入

カードローンの場合、利用限度額と言うものが設定されています。特に、消費者金融系の場合「総量規制」という貸金業法による規制によって枠にはめられています。具体的にどのようなものかと言いますと、年収の3分の1までしかローンを受けることができないというものです。

複数のカード会社に分散してもその金額を合算して計算し、それが3分の1を超えることは不可能なのです。自主規制ではなく法律で決まっているので、それを超えて融資をするとカード会社が処分されるため、絶対にできないものになっています。

 

収入証明と定職

年収を証明するためには、年収証明書の提出が必要になります。源泉徴収票や住民税の証明書(年収の記載アリ)が必要で、無職や単発の派遣社員では不可となっています。実際に働いていることを確認するために、職場にカード会社から連絡が入ります。従って、虚偽の職場を申告することもできません。

正規雇用でなくても派遣社員やアルバイトでも構いませんが、継続的に定期的な収入(つまり週4~5日働いていて、月収●●円と言う形で受け取っている)があることが必要になります。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ