ドロドロ血液は、30代から早めに予防!

  • 2016/04/02
  • ライフスタイル
  • 232view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 生活習慣
  • 動脈硬化
  • 和食
  • 生活習慣
  • 病気
  • 禁煙
  • 血行改善

血液がドロドロといいますが……

247147126

よく、血液がドロドロしていると病気の元になるといわれていますが、これは血液の粘り気がましている状態なのです。
この粘度が高い状態ですと、体中に張り巡らされている細い毛細血管を傷つける危険性があります。
一口に血液がドロドロになるといいましても、複数の理由があります。例えば、風邪をひいているときなどは白血球の量が増え、血液がドロドロになります。
ただ、脳梗塞や心筋梗塞の原因になるのは、食べ過ぎとお酒の飲みすぎが原因で血液中の糖質や脂質が増え、水分量が減少しているときです。
ドロドロした血液をサラサラにする薬は存在します。存在しますが、動脈硬化などの病気になったときにしか処方されませんので、予防のためには処方されないのです。
つまり、生活習慣を改善するしかないのです!

 

 

禁酒と喫煙

shutterstock_205775728

お酒を飲むと体内の水分が外へ出てしまいますので、血液がドロドロになってしまうのです。さらに、タバコですがタバコを吸うことで、白血球の量が増えてしまいますので、病気のときに血液がドロドロになるメカニズムで血液がドロドロになってしまう、というわけです。

 

 

和食を中心にした食生活

71643667

特に納豆、梅干し、魚です。これらが重要です。
納豆にはナットウキナーゼという成分が入っており、これは固まった血液を溶かす働きがあるのです。そして、梅干しを酸っぱくさせるクエン酸、これは血液が集まるのを予防する効果があります。
また、魚、特に青魚ですが、青魚にはDHAが豊富に含まれています。このDHAは動脈硬化の予防に効果があり、血管や血液中の赤血球を柔らかくする働きがあります。
和食はヘルシーなので、ダイエット効果もあります。ただ、注意しなければいけないのが、塩分を多く摂ってしまう可能性があるという点です。和食は塩を多く使いますので、味が薄いと思っても塩辛くしない方が安全です。

参照:血液をサラサラにするには|動脈硬化|生活習慣病ガイド|健康コラム・レシピ|オムロン ヘルスケア

 

 
運動をする

103383050

運動をすることで体内に蓄えたコレステロールを燃焼させていけば、血液中に脂質があふれて血液がドロドロになるリスクを下げることが出来るのです。

この記事につけられたタグ

  • 生活習慣
  • 動脈硬化
  • 和食
  • 生活習慣
  • 病気
  • 禁煙
  • 血行改善

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ