筋トレやダイエットを習慣化したい人のためのコツ

  • 2016/03/14
  • ライフスタイル
  • 161view
  • YAZIUP運営
タグ

潜在意識が現状からの変化を望んでいない

ダイエットや健康のために、ジョギングや筋トレなどを始めてみては「1日でやめてしまう」という人は多いかと思いますが、目標を立てても長続きしない人は、意志が弱いのかというと、決してそうではありません。

長続きしない人でも、自分で決めた目標を達成するために、何とか長続きさせようと、大きな用紙に「目標の内容」をプリントして壁に貼ったり、スマホへアラームをセットさせたりと、可能な限りの工夫をしているはずです。

では、何故、強い意志があっても行動が伴わないのでしょうか。これには「潜在意識が現状からの変化を望んでいない」ことに原因があります。

 

潜在意識では望んでいない

225202879
「潜在意識」や「習慣化」という言葉は、禁煙やダイエットの本でもよく登場しますが、潜在意識のもつパワーというは非常に強力で、本人が意識していない深層心理の部分で「心のブレーキ」がかかっていると考えられます。

この様なことを言うと、必ず「いや、変わりたいからこうして目標も立てているんじゃないか」と答える人がいますが、それはあくまで自分が認識できる「顕在意識」のレベルです。

 

阻害原因を潰す

70309993
ジョギングや禁煙など、いつまで経っても「やる気が起こらない」という場合、「何とかして行動に移す」ことにエネルギーを注ぎがちですが、実は、これらの「目標に向けた行動」は、「障害物」によって妨げられている可能性があります。

例えばジョギングが長続きしない原因でよくあるのが、「会社から帰り、テレビをつけて見ながらジョギング用のジャージに着替えて外に出るつもりだったのが、ついつい放送していたドラマを最後まで見てしまって結局ジョギングをしなかった」など、「外部からの誘惑」に負けてしまうケースが非常に多いのです。

もし、「そういえば、自分はなぜ続かなかったのだろう」と、やめてしまった原因がよく分からない人は、一度、「やれなかった日の行動」を細かく思い出してみると「ジャマしていたもの」が判明するかもしれません。

ちなみに、「ついついドラマを見てしまう」という上記の例は、「リモコンをしまっておく」「帰宅せずに駅のトイレで着替えてそのままジョギングする」など、誘惑から自分を遠ざけることで解決します。

 

習慣化すれば潜在意識が受け入れる

258851981
阻害原因を潰して、何とかジョギングや筋トレなどの目標に向けて行動を続けられたら、ある段階から習慣化します。習慣化すれば、潜在意識にとってそれは、「当たり前のいつもの行動」なので、むしろ「やらない方が気持ち悪く感じる」レベルにまで達していることでしょう。

人間の潜在意識がもつ力は、非常に強力であることをお分かりいただけたかと思います。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ