YAZIUP CLUB会員募集中

現代人の悩み解決!睡眠問題は「アレ」で完治する!

  • 2017/11/03
  • ライフスタイル・娯楽
  • 76view
  • 加藤薩樹
タグ
  • 生活習慣
  • サプリメント
  • 生活習慣
  • 疲労
  • 睡眠
  • 身体

眠れない・疲れが抜けない人多し!

眠れない・疲れが抜けない人多し!

現代人の悩みといえばとにかく睡眠。1日のしめくくりであり翌日の英気を養うための最も重要な行為です。この睡眠にさえ満足できていれば、日本人の自殺者数も大幅減少すると考えられていますし、うつ病患者の数も激減することでしょう。

睡眠はその長さ以上に質が重要となります。質の悪い睡眠は単に横になって目を瞑っているのとほとんど変わらず、脳や神経の回復にはほとんど繋がりません。

いかに質の良い、深い睡眠をとるか、それが重要ポイントなのです。

 

そもそも睡眠の質とは?

そもそも睡眠の質とは?

では、睡眠の質とはそもそもなんなのかという点について、もう少し詳しく解説しておきましょう。

睡眠の質は「深さ」でよく表されますね。浅い眠りとはレム睡眠のことで、睡眠中の夢はこのレム睡眠中に見ます。一方、深い眠りはノンレム睡眠のことで、ノンレム睡眠中は脳も休まっているために質の良い眠りと言い換えることが出来るのです。

そしてノンレム睡眠は更に3つの段階に分けることができ、それぞれがステージ1、ステージ2,余波睡眠と呼ばれています。眠りの深さとしては余波睡眠が最も深くなります。

我々オヤジ世代になると、加齢によって自然と睡眠中における余波睡眠の割合が低下します。これがいわゆる「年寄りは早起き」の原因というわけです。年を取れば取るほど意識的に睡眠の質を改善する必要があるわけです。

 

睡眠の質は筋トレで向上することが判明

睡眠の質は筋トレで向上することが判明

さて、この睡眠の質の向上にはなんと筋トレがとっても効果的であるというエビデンスがあるのです。これはマックマスター大学の研究者が発表したものですが、彼らによると「筋トレは睡眠の長さには影響は与えないが、その質を著しく向上させる」、とのことです。

具体的にはステージ1のノンレム睡眠の割合を低下させ、その分余波睡眠の割合を大きくする効果が筋トレにある事が明らかとなったのです。この筋トレによる睡眠の深さを高めるためには、トレーニングの頻度が重要であることもわかりました。研究によると、週に2回以下の筋トレと比べ、3回以上の筋トレによって大幅に睡眠の質が向上したのです。
筋トレによってなぜ睡眠の質が向上するのかについては「体温の上昇」「精神的ストレスの低下」「睡眠中の心拍数の低下」などが原因と考えられています。
ちなみに、これは余談ですが、実は昔から「一流ボディビルダーは睡眠時間が短い」と言われています。筆者は当初は単なる都市伝説のようなものだろうと思っていたのですが、筋トレが睡眠の質を高める(短い時間でも回復できる)と知ってからはむしろ「なるほど、そうだったのか」と納得しています。

 

これでトドメだ!睡眠向上サプリメント

睡眠向上サプリメント

しっかり筋トレを行い、栄養もがっつり補給。あとはベッドに入ればぐっすり眠れるはずですが…良質な睡眠のためにダメ押しをキメるべくサプリメントも活用しましょう。オススメなのは5HTP。これは必須アミノ酸のトリプトファンをベースにしたサプリメントで脳内で神経を沈め、快眠に導く働きを担ってくれます。

5HTPにはカプセルタイプや粒状、錠剤などがありますが、最も吸収速度の高いのは舌下タイプです。なかなか寝付けないという人の場合は舌下タイプを。寝付けるけど途中で起きてしまうことが多い、という人はカプセルや錠剤タイプを選ぶと良いでしょう。

この記事につけられたタグ

  • 生活習慣
  • サプリメント
  • 生活習慣
  • 疲労
  • 睡眠
  • 身体

関連する記事

この記事の作者

加藤薩樹
加藤薩樹
フィットネス関連の記事をメインに執筆させて頂いております加藤と申します。トレーニングテクニックやサプリメント等々、全て自分で実践しハッキリと効果を体感できた情報だけを皆様とシェアしていきたいと考えております。 体が変われば心まで変わります。そしてハッキリ言ってモテるようになります!私の記事が皆様の充実したオヤジライフの一助となれば幸いです。宜しくお願い致します。
up 加藤薩樹
加藤薩樹

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ